釣法別攻略講座

釣法別攻略講座

一口に釣りといってもたくさんの釣り方あり

といっても釣りは遊びですから、理屈よりも自らの感性を優先し「この釣り方で釣ってこそ本望!」というようになれば、もう一人前の釣り人です。

投げ釣りガイド

爽快!投げ釣りに夢中

波止釣りに大きく分けて3つの釣り方があります。いわゆるウキ釣りと、余分な仕掛けを排除したフカセ釣り(ミャク釣り、落し込み釣りなど)と、重たいオモリを付けてエイヤ!と投げ込む投げ釣りです。はるか彼方に仕掛けを飛ばすだけに、スポーツ感覚では一番でしょう。しかも、投げ釣りでなければ釣れない魚もあるのが魅力です。投げ釣りで釣れる魚には美味しい魚が多いのです。この釣りの基本だけでも覚えておくと、専門でやらなくても季節折々の魚を愉しむことができます。まずは道具の解説から~
投げ釣りガイド

明解!投げ仕掛けのツボ

シンプルそうに見えても工夫の歴史がある… 投げ釣りは、えぃや!と遠投することに加え、基本的にポイントに投げ込んでアタリを待つ釣りですから、他の釣りには見られないような仕掛けの工夫があります。投げ釣りに使われる各種の仕掛けの特徴を知っておくことは、釣果を左右する大きな分かれ道です。ここでは基本的な仕掛けの特徴と使い方を覚えましょう。
投げ釣りガイド

爆釣!沖からの魚信をとれ

魚信(アタリ)は釣り方でそれぞれ異なります。ウキが海へ消し込んでいくウキ釣り、ダイレクトに手に来るミャク釣り、穂先の震えでアタリをとる投げ釣りなど、それぞれに面白さがありますが、100m沖からの魚信は投げ釣りの醍醐味でしょう。投げ釣り基本解説最終回では、実用テクニックを解説します。
投げ釣りガイド

快感!飛んでこそ投げ釣り

釣れなくても飛ばすだけでも気持ちいいが… なかなか初めの頃は思うように飛んでくれないものです。あさっての方向に飛ぶわ、隣の釣り人の仕掛けに絡むわ、いらいらがつのります。特に女性は男性のようにはなかなか飛びませんし、男性のベテランでも力んだほどには飛ばない人もいます。ここでは、ちょっとしたコツでうまく飛ばせる秘訣を伝授しますから、しっかり覚えてね。
堤防釣りガイド

落とし込みが面白い1

はまる面白さ! 確かに落し込みという釣りはよく釣れます。波止ではチヌキラー1番手の技といえるでしょう。今回はこの釣りに必要なスペシャルウェポンを、皆さんにご紹介しましょう。
堤防釣りガイド

落とし込みが面白い2

ウキ釣りをこよなく愛す笑魚ですが、ことチヌの波止釣りに限っては落し込み釣りには勝てません。それほど落し込みという釣りは、チヌ釣りにマッチしているのです。専門ではありませんが、私も一時はまったことがあります。本章ではこれからやろうとする人のために、ちょっと落し込みのツボをまとめてみました。
堤防釣りガイド

ヘチ釣り野島実釣編

関東流短竿ヘチ釣りで全国に名を知られた野島防波堤ですね。読者のTさんが、この野島攻略のツボをまとめてくれました。縁の遠い地方の方でも、参考になるかと思われる点が多々ありますので、記事を紹介させていただくことにしました。以下、殆ど原文のまま。
紀州釣りガイド

紀州釣りだよ1

庄内、野島、備中、若狭云々など地方の名前の付いた伝統釣法、ご当地釣法は各地にあります。その中でも紀州釣りほどメジャーになった釣法はないでしょう。波止でウキを使わない釣法の筆頭が落とし込み釣りなら、ウキを使う釣法の筆頭は間違いなく紀州釣りです。紀州釣りの面白さは探る釣りではなく、寄せて釣る面白さにあります
紀州釣りガイド

紀州釣りだよ2

紀州釣りは初めてやった人は、たいていあのダンゴにとまどうようです。扱い方が難しいですね。空中分解したり、いつまでもウキが上がってこなかったり…まとまり具合とバラケ具合の加減が本当に難しいのです。今夜はちょっとここら辺をチェックしてみましょう。
紀州釣りガイド

紀州釣りだよ3

紀州釣りは装備はともかく、釣りそのものはシンプルな釣りです。ダンゴさえ上手く作ることができれば、待望の1匹を手にしやすい釣法ですし、おぉ!という数釣りも夢ではありません。しかしシンプルがゆえに、きっちりと釣りをマスターする必要があります。基本をしっかり頭にたたき込んで下さい。
筏釣りガイド

筏で遊ぼ!ガイド編

海釣りには手軽で身近な波止釣り以外にも、色々なジャンルがあります。豪快な磯釣り、釣果確実の沖釣り(船釣り)などそれぞれ専門的で、その道一本というベテランも少なくありません。しかし体力や費用、専用の装備や周りの環境など、結構入門にはハードルが多く、チャレンジに二の足を踏む方も多いと思います。今日はこんな専門の釣りの中でも、比較的チャレンジしやすくファミリーで楽しめる筏釣りを紹介したいと思います。
筏釣りガイド

筏で遊ぼ!装備編

前章では筏で遊べる色々な釣りを紹介しました。しかし筏と云えば何と云ってもチヌ釣りが代表です。一般的にかかり釣りはダンゴと呼ばれるコマセで魚を寄せ、専用の短竿を使って穂先でアタリをとりながら釣ります。ウキやカゴを使わない竿一本のシンプルな仕掛けですが、それなりに奥が深くゲーム性の高い釣りです。ここでは筏のチヌ釣りに必要な装備や餌をご紹介します。
筏釣りガイド

筏で遊ぼ!実釣編

筏釣り最終回です。ここでは実際に筏に乗ってチヌを狙う基本的な手順を解説します。シンプルな筏釣りではありますが奥が深く、深遠なテクニックを書ききれるものではありませんし、またその力もありません。筏釣りをより勉強したい方は、筏師の専門サイトをぜひご覧になって下さい。皆さんのためになる事柄がたくさん書かれているはずです。特に筏独特の餌使いは参考になるはずです。ですから本章では、そういったサイトの解説とは、異なるアプローチで解説しましょう。
sponsor link
タイトルとURLをコピーしました