道具選び

sponsor link
ウキ釣り専科

こだわれば一人前・ウキ

穂先がゆっくり引き込まれるスリリングなアタリ、いきなり手元にくるショッキングなアタリなど、好敵手が送ってくれる魚信は様々ですが、なかでもじわりとウキが沈んでいくアタリが、一番釣り人を魅了するのではないでしょうか。もっともビジュアルで釣り人のこだわりが出るウキを解説しましょう。
ウキ釣り専科

こだわれば一人前・磯竿

タックルといえば、やはり竿が筆頭。一口にいって竿といっても、ジャンルが非常に細分化されており様々ですし、釣り人の嗜好もありますから、海釣りだけでも膨大なアイテムがあり、皆さん自分の釣りに合わせて様々なものを使っているはずです。しかし、どんな釣りをする人でも、磯竿だけはたいてい1本や2本は持っているはずです。磯竿と銘打たれていますが、ウキ釣りを中心に色々万能的に使える海の竿です。波止専用のウキ竿というのは特に開発されていませんから、波止師はみなこの磯竿を転用して使っています。今夜はこの磯竿について、あれこれ語ってみましょう。
ウキ釣り専科

こだわれば一人前・釣り糸

竿やリールなど大道具にこだわる人もいますし、道具より腕と意外に無頓着な人もいます。しかし釣りが分かってくると、鈎や糸などの小物に無関心ではいられなくなります。この小さな脇役こそ実は釣果を大きく左右するものなのです。リールに古い糸を巻いたままの人をよく見かけますが、寿命の来た糸を平気で使い続けているようでは上達はおぼつきません。糸は偉大な小物、大きな主役なのです。
ウキ釣り専科

こだわれば一人前・釣り鈎

鈎は小物の中でも重要なパーツです。いくらいい仕掛けでも、鈎が悪いと釣れるものも釣れなくなってしまいます。しかし小さくてみんな同じような格好をしていますから、初心者にはなかなか見分けがつきません。ここでは分かりやすい鈎の見分け術と、鈎使いのちょっとしたコツを紹介。
ウキ釣り専科

こだわれば一人前・玉網

玉網はたまあみと読み、地方によってタモとかタマといいます。大きな魚は釣ってもそのままでは陸上に上げられません。竿や糸の強度が大きな魚の重量に耐えるようにはできていないからです。かといって、耐えられるだけの道具では重量がかさみ操作も大変~必要なときだけ玉網を使うのが合理的なのです。絶対必要なものではありませんが、大きな魚を釣ったときに揚げられず、悔しい思いをすることもあるでしょう。その時はこのページを読んで釣り道具屋さんに走ってください(^^)
sponsor link
タイトルとURLをコピーしました