実践ウキフカセ

sponsor link
実践ウキフカセ

ウキフカセとは?

この章からは、現在磯上物釣りの主流であるウキフカセ釣りを取り上げていきます。釣場における具体的なテクやヒントを連載していきますので、参考にして下さい。
実践ウキフカセ

サシエ先行!海中での仕掛け

サシエ先行という言葉があります。ウキより先にサシエを流すようにすると魚がよく釣れるという釣りの常用句です。これを理解するためには、海中で仕掛けがどのように流れているかを把握する必要があります。これが分かれば免許皆伝は近い♪
実践ウキフカセ

鉛で決める浮力調整

ウキの浮力調整を軽く考えていませんか。ウキを生かすも殺すも、一見簡単そうに見えるこの浮力調整が鍵なのです。あなたのウキ釣りを、びんびんにチューニングアップするシビアなウキセッティングの秘訣を覚えましょう。
実践ウキフカセ

ハリスを長くとる理由

役立つはずの情報が人や本によって違います。例えばハリスの長さもその一つ、長く取った方がいいとか、短い方が釣れるとか、名人によっても意見がバラバラ。さてさてどうしたものか…。笑魚もこの問題に関しては長らく頭を悩ましたが、現在はほぼクリアしています。この難問を解説してみましょう。
実践ウキフカセ

ガン玉が打てれば一人前

ガン玉など、どんな風に打っても変らないようですが、1gにも満たないオモリが仕掛けに与える影響は大きいのです。こんな時はこう打つ…とばかりに、ガン玉の打ち方を書いた本はたくさんありますが、いくら仕掛け図を暗記したところで、現場の状況に見合った応用はできません。長ハリスと同じことで、やはりなぜ?を理解することが、ガン玉使い上達の秘訣です。
実践ウキフカセ

流すテクニックで決めろ

ウキ釣りのことをウキ流しと呼ぶ人がいます。流すからこそウキ釣りなのです。このことは他の釣りとウキ釣りの一番大きな違いです。しかしうまく流しているな~と思うような釣り人はには滅多に出会いません。マキエをしない釣りならば、下手でもいいのですが、やはりセオリーを理解し、技を身につけた方が、釣果は期待できるでしょう。
実践ウキフカセ

恐るべし二段ウキ!

二段ウキといえば、昨今のグレ釣りでは標準仕掛けの一つになりました。グレという魚はエサを取るのがとても上手い魚ですから、小アタリが取れる仕掛けは武器になります。しかし使い方次第では、とても応用の効く仕掛けですから、チヌ、メバル、サヨリにも有効です。今回はこの仕掛けを研究してみましょう。
実践ウキフカセ

仕掛け角度の意味

仕掛けに角度がつかないと魚が喰わない?本章ではウキフカセ必須の理論といわれる仕掛けの角度について考えてみましょう。
実践ウキフカセ

固定ウキ完全フカセが釣れる理由

マニア向きの釣り本なら、必ず完全フカセがいいとか、固定ウキの方が遊動ウキより釣れると書いてあります。私自身も確信をもっています。本日は「なぜ固定ウキの方が釣れるのか?」その理由に迫ってみましょう。
実践ウキフカセ

水中ウキの秘密

ちょっとウキ釣りに親しんでくると、釣具屋に並べられている水中ウキに興味が湧きます。「ふむふむ~これを使うと潮の流れと同期するのか?よさそうだ!使ってみよう♪」と、但し書きの講釈にまんまと乗せられ、購入した人は多いのではないでしょうか。かくいう笑魚も、かなりの数を買い込みました。
実践ウキフカセ

エサ取りをかわせ!

夏場のエサ取りほど、釣り師を苦しめるものはありませんねぇ~。防波堤はまだいい方です。始終コマセが入っている磯などは、人が立つだけでエサ取りがザワ~と群をなして浮上してきます。まぁこれも仕方がありません。詳しいことは後日解説しますが、とりあえず要点だけを述べておきます。エサ取りをかわす方法は色々あり、釣り方、対象魚、エサ取りの種類、使用するエサでかなり異なります。本章では、とりあえず基本的なテクニックをまとめて解説しましょう。
sponsor link
タイトルとURLをコピーしました