磯釣り

sponsor link
磯釣り入門ガイド

磯釣りへのいざない

最近は若い磯釣りファンが増えています。色々なジャンルの釣りがありますが、野趣あふれる釣りといえば磯釣りが一番ではないでしょうか。潮が飛ぶ南海の荒磯あるいは風光明媚な田舎の海岸線で過ごす一時は、喧噪の中で過ごす都会人には魅力です。加えてゲーム性の高さ、大物と出会えるチャンス、自分一人の技だけがたよりという男らしさが、若者の気を引きつけているのかも知れません。この章では磯へ上がるまでのアウトラインをご紹介します。
磯釣り入門ガイド

上物釣り基本装備

それではもっともポピュラーな上物釣り用のタックルを紹介しましょう。波止釣りと仕様は大きく変わりませんから、内容をよく読んで手持ちのものが使えるのならば、出費を抑えましょう。詳細についてはタックル専科と重複するところが多いので、この章では肝心なところを述べるようにします。
磯釣り入門ガイド

四季の服装と荷物

装備を揃えたら、いよいよ服装と荷物のまとめ方です。くわしくは各章にも詳しく書いてありますので、ここでは主にシーズンコーディネイトを取り上げましょう。
磯釣り入門ガイド

エサを段取りするツボ

さて釣りにはエサがなければ始まりません。エサに関する基本的な知識については、入門講座やTIPS専科に書いてありますので、再度ご参照下さい。ここではもっともポピュラーなオキアミエサの選び方や、管理について注意点を書いておきましょう。
磯釣り入門ガイド

磯のあれこれ豆知識

磯には国道から降りて、すぐに竿が出せる手頃な地磯から、渡船で渡る沖磯、1~2日がかりで遠征する南海の離島まで様々な形態があります。今回は磯に関する基本的な知識、用語を覚えてみましょう。
磯釣り入門ガイド

渡船を乗りこなせ!

磯釣りといえば歩いて通える地磯も思い浮かびますが、まずは渡船を利用して釣り場へ渡るのが一般的です。少し費用はかかりますが、波止釣りでは得られない開放感や魚影の濃さが魅力ですね。しかし、いたれりつくせりのサービス業ではない上に、ケースバイケースが多いため、始めての人には戸惑ったり、うまく利用しきれないということも多々あるかと思います。そこら辺のツボを解説してみましょう。
磯釣り入門ガイド

磯に上がったら…

さぁ、磯に上がりましょう。わくわくですね。忘れ物はありませんか。波止と違って磯で忘れ物をすると致命的ですよ。お弁当も頼みましたか。腹が減っては戦はできませんよ。では準備万端~しゅっぱぁつぅ♪
sponsor link
タイトルとURLをコピーしました