ウキ釣り専科

ウキ釣り専科

BASIC・遊動仕掛け

ウキ釣りの基本は固定仕掛けです。しかし固定仕掛けだけでは深いタナの魚を釣ることはできません。もっと深場を攻めるためのテクニックも覚えましょう。

遊動仕掛けとは?

遊動仕掛けにウキ下制限はありません。

遊動仕掛けは釣りの長い歴史の中でも最大の発明と言われています。この仕掛けを発明したことで、それまで竿の長さ一杯と言われていたウキ下の呪縛から、釣人は解放されたのです。ばんざ〜い! さて遊動仕掛け(移動仕掛けともいいます)はウキが固定せず動きますので、理論的にはどんな深さでも可能です。しかし現実的には、まぁ10ヒロ程度が(15mプラスα)限界でしょうか。それ以上とっても仕掛けがコントロールしずらく、魚を仕留めることは困難になります。

遊動仕掛けのメカニズム

遊動仕掛けのウキは固定されていませんので、するする動きます。そこで狙いたいタナの処でウキ止め糸を結ぶことで、ウキの動きに制限を加えます。例えば4ヒロのタナを狙うのならば、鈎から4ヒロ(6m)のところでウキ止め糸を結ぶのです。そうすることで水に浮かんだウキを4ヒロで固定することができます。

ここで注意しておきたいのは、カラマン棒の位置(カラマン棒を使わない場合はサルカンの位置)です。この位置を鈎から竿の長さ以上の所に付けると意味がありません。ウキは遊動式ですからウキ下の問題はないのですが、肝心の取り込みの時にウキが邪魔になりリールが巻き取れなくなります。普通はサルカンの上から「ウキの全長分+α」の所に取り付けます。

図のウキ止め糸の位置を見て下さい。ウキ止めが、ガイドを通っている道糸に取り付けられていますね。ですから深いウキ下が取れるのです。しかし、これにはウキ止めを通すことができるガイドであることが前提です。磯竿のガイドは投げ竿やルアー竿に比べると小さく作られていますが、それでもこのウキ止め糸を充分通せます。しかし筏竿や落とし込み専用の竿は、U字ガイドやミニクロガイドといって極小のガイドが取り付けられています。このガイドの場合、口径がとても小さいため、ウキ止めを通すことは不可能です。注意して下さい。

中通し竿の場合も遊動式は可能ですが、ちょっと制約があります。大きいウキ止めや太いウキ止め糸を使うと、先端のガイド部に引っかかって支障がある場合があるからです。竿ごとに使用可能なウキ止めサイズや、糸の太さが明記されていますので必ず確認して下さい。

遊動ウキ仕掛けの作り方

棒ウキ:シモリ玉を使う方法
ウキを交換する必要がない場合の方法ですが、最近では便利なウキ金具が登場してきたので、使われなくなってきています。しかし基本ですし、シモリ玉の使い方を覚えるためにマスターしておきましょう。
  1. 道糸にウキ止め糸を結びます(電車結びで3回)。速攻!5分で覚える簡単結び/糸の直結を参考に〜
  2. シモリ玉を入れます。ウキの環を通して…
  3. もう一回シモリ玉を入れ、サルカンを結んで終わり。
  4. ウキ下はウキ止め糸を移動させて決めます。

HINT
ウキ止め用の糸が売られています。巧く自分で結べない人は予め加工されたものがありますので、それを使ってもいいでしょう。ゴム製のものは、ガイドに引っかかるためお勧めできません。綿糸か毛糸製がいいです。シモリ玉は糸が通るぎりぎりの小さいものを選ぶこと。


棒ウキ:ウキスイベルを使う方法
専用のウキ金具を使う方法です。ウキの交換がワンタッチでできます。糸の滑りもよくシモリ玉が必要ないので、素早く仕掛けが作れます。現在ではこの方法がベストでしょう。
  1. 道糸にウキ止め糸を結びます(電車結びで3回)。
  2. ウキスイベルを入れます。
  3. スイベルにウキの環を通し、サルカンを結ぶ。
  4. ウキ交換はスナップ金具ですので自在です。

HINT
ウキスイベルは色々な種類が売られていますが、ぜひ富士工業のSICリング付きのものを選んでください。これしかないという優れものです。糸を通す穴が図のように、長穴(オーバルリング)になったものと丸穴の2種類あります。長穴の方が糸落ちがよく、仕掛けが早く馴染みますので断然お勧め。


円すいウキの場合
棒ウキの「シモリ玉を使う方法」とほぼ同じです。サルカンにウキが直接当たると傷が付く場合がありますので、好みに応じてクッションゴムを入れればいいでしょう。トップにシモリ玉が予め埋め込まれたウキもあります。その場合はシモリ玉は不要です。
  1. 道糸にウキ止め糸を結びます(電車結びで3回)。
  2. シモリ玉を入れます。
  3. ウキを通してからクッションゴムを入れます。
  4. サルカンを結んで終わり。

HINT
固定ウキ仕掛けに予めウキ止め糸を結んでおくと、爪楊枝を抜くだけで、遊動ウキに変身します。クッションゴムはなくても特に問題はありません。厳密に云えば糸の結び目の保護になりますし、ウキの穴に金属のサルカンが当って傷つくことを防ぎます。

覚えておきたいテクニック遊動ウキ仕掛けのキモ!

ちょっと覚えておくだけでずいぶん助かるコツを伝授!マスターしておいてください。

ウキ止めは使っているうちに結構ずれてしまいます。狙いのタナが変わると問題です。対策として…

  1. ウキ止めを適当な間隔で二つ結びます。
  2. ずれるとすぐに分かりますし、上のウキ止めで止まります。

ウキ止めのゆるみ対策です。

  1. ウキ止めの端糸を指で掴めるぐらい充分伸ばしておきます。釣っている最中でも締め直しがききます。
  2. 端が伸びていると目立つので、海面に浮かんだウキ止めを目で確認することもできます。

棒ウキは投げ込んだときに糸がらみしやすいのでからまん棒を付けましょう。作り方は…

  1. ウキの下側にウキ止めゴムを2個入れ、両側を削った楊枝を間に差し込みます。※既製品もあります。
  2. 取付け位置はサルカンからウキの長さ分+余裕をみてつけます。これだけで絡みが激減します。

遊動仕掛け…Q&A

固定と遊動を使い分けるのが面倒です
  1. そうですね。浅いタナから深いタナまで攻めるのでしたら、いちいち糸を切って仕掛けを作り直すのが大変です。この場合は始めから遊動仕掛けにすればいいのです。ちょっとしたことで遊動仕掛けを固定式にできます。
  2. 右の図をご覧下さい。ウキスイベルを使う場合でしたら、単にカラマン棒とウキ止めでウキスイベルを固定したい位置へ動かすだけです。環に直接糸を通している場合でしたら、ウキ止め糸をもう一つウキの下側にも結んで下さい。これで固定することができます\(^o^)/
  3. しかし浅いタナはやはり軽いオモリで釣りたいので、ウキを簡単に交換できるウキスイベルを利用した方がいいでしょう。サルカンの所で道糸を切って、丸玉オモリを交換するようにすれば手間も半分で済みます。
ウキ止めを結ばない遊動式もあると聞きましたが…
  1. はいあります。全遊動とかスルスル釣りとかいわれているものです。遊動式の仕掛けからウキ止め糸を取り去ったものです。ウキ下の制限がなくなりますので、表層から底まで自由に探れるとされていますが、仕掛けの操作が難しく、どのタナを攻めているか明確に分からないので、初心者向きではありません。
  2. 棒ウキで用いられることは少なく、円すいウキでの攻めバリエーションの一つです。
どのようなオモリ負荷のウキを買えばいいんでしょうか
  1. 釣り場の水深と狙う魚で決めて下さい。狙うタナが6ヒロ(9m)以上ならば1号が必要になります。これぐらいないと仕掛けがうまく落ちてくれません。風も流れもないのでしたら、どんな軽い仕掛けでもゆっくり最終的には馴染んでくれるのですが、実際の釣り場では風や流れで道糸に抵抗がかかり、うまく沈んでくれないのです。4ヒロぐらいまでなら3B程度でもいいのですが、これも状況によります。とりあえずこれ一本というなら0.5号ぐらいが万能で使いやすいはずです。
  2. 浅ダナならそれこそオモリ負荷ゼロでもいいのです。詳しくは対象魚別に仕掛けを書いたコーナーを参照して下さい。一般的に波止釣りファンは、ちょっと重すぎる仕掛けを使っているようです。寒の喰い渋るメバルを喰わせるようなベテランは、かなり高感度で軽い喰わせ優先仕掛けを使っています。ぜひ研究して下さい。
  3. 仕掛けの馴染む速さには糸の太さも関係しています。この章では2〜3号の道糸を使うことを想定して記事を書いていますが、大物狙いで5号以上の道糸をかける場合は相当馴染むのが遅くなります。かなり潮の抵抗を受けるためです。この場合使うオモリをワンランク重めにする必要があります。風が強い場合も同じです。
  4. 円すいウキはウキの中を道糸が通る構造ですので、仕掛けに余分な抵抗がかかります。そのため棒ウキよりは、仕掛けが馴染むのに時間が掛かると考えておいて下さい。しかしコマセを使う釣りでは決して弱点ではありません(※理由別章にて解説)
オモリ負荷の大きいウキはよく飛ぶのでしょうか
  1. よく飛ぶからと云って、大きいオモリ負荷のウキを購入している光景を、店頭で目にします。大きな勘違いです。大きいオモリ負荷は深いタナを攻めるためであって、飛ばすためではありません。
  2. 確かに軽いオモリ負荷のウキほど小さく自重が軽いことが多いのですが、オモリ負荷ゼロでもよく飛ぶウキはいくらでもありますし、オモリ負荷が大きくても飛ばないウキもあります。いわゆる遠投用と銘打って売られているものです。
  3. 飛ぶ距離はウキ自体の自重に左右されますので、ここを勘違いしないで下さい。飛距離とオモリ負荷は分けて考えましょう。
中通しオモリとガン玉オモリの使い分けは?
  1. サルカンの上に付ける中通しオモリは落としオモリ(仕掛けをタナへ落とすためのオモリ)、ハリスに付けるガン玉は喰わせオモリ(ハリス部分を馴染ませ最適なポジションを演出する)と考えましょう。
  2. ですから中通しオモリはウキのオモリ負荷に見合ったものを、ハリスに付けるガン玉は調整用の小さなオモリにして下さい。違う考え方もありますが、初心者のうちはこの考え方が明快で間違いがありません。
シモリ玉がよく分かりません…
  1. 棒ウキの場合、ウキスイベルを使えばシモリ玉は必要ありませんが、円すいウキでは必要です。また沖釣りや投げ釣りでも使うことがあるので、やはり使い方は覚えておくべきです。前掲した図をよく見て役割を理解して下さい。一言で云えばシモリ玉はすっぽ抜けを防止する小物だと思っておけばいいでしょう。
  2. ウキ釣りでは極小とか、小とか呼ばれるサイズのもので充分です。糸が通る範囲で小さなシモリ玉が好ましいでしょう。通せる糸の太さはたいてい袋に書かれていますから、自分の使う道糸に合わせて購入して下さい。