魚種別攻略講座

魚種別攻略講座

泳がせ釣りで呑ませろ!

必殺!大物を仕留める技…
元々は落ちのスズキを狙ったり、船のヒラメ、磯のフィッシュイータなどを仕留めるために、マニアがやっていた釣りです。ところが近年では、初心者を脱したばかりの釣り師でも、この釣りをやるようになってきました。近年のアオリイカブームや、魚影が濃くなったハマチのせいでしょうか、生き餌を泳がせることに慣れてきたのでしょうね。来たら大きいですし高級魚ばかりですから、嬉しい釣りです。この釣りは、通常の釣りと違って、案外腕の差が出ない釣りかもしれません。管理人は生きエサ釣りが面倒で、あまり好きではありませんが、磯で暇つぶしによくやりましたから、要領は分っています。これからやる人のためにコツをまとめてみましょう。

泳がせ釣りの秘密

美味しい魚はフィッシュイーター
大型青物を代表とするフィッシュイーター達のエサは、その名の通り小魚です。それも効率よく食事できるように、根にへばり着いているような小魚やエサ取りには目もくれません。群で泳いでいるアジやイワシが好物です。スズキはエビやゴカイ類が常食ですが、小魚も大好きです。ですから河口を遡上する稚鮎の群を追いかけます。

泳がせ釣りで狙える対象魚は、すごくたくさんいるのでとても書き切れません。青物やスズキ、アオリイカに目がいきがちですが、ヒラメ、マゴチ、アコウという超高級魚、小さいところではソイ、メバル、ガシラが狙えます。意外なところでマダイやチヌが、鈎に掛かることもあります。磯では釣り場が限定されますがシマアジ、クエなどが狙えますし、船でもヒラマサ、ブリ、カンパチ、ヒラメがポピュラーです。

釣れて当たり前?
泳がせ釣りというのは、魚さえいれば確率の高い釣りなのです。学者の説によると、鈎に掛けられた小魚は、人間の耳には聞こえない危険信号を出すらしいのです。群を守ろうとするDNAのなせるすべですね。その信号を聞きつけて、フィッシュイーターがやってきます。つまり自らマキエになってくれるわけです。こりゃルアーより釣れるわけだわ〜

言葉の差
近年は泳がせ釣りという言葉が定着したようですが、こと関西ではスズキ狙いの場合は、ノマセ釣りという人がほとんどのようです。あのでっかい口には、ノマセ釣りという言葉が似合いますね。鮎の友釣りにも、泳がせ釣りという釣り方があります。間違えないでね。

エサの確保
アオリイカブームのお陰で、最近は漁港の近くの餌屋なら、生きアジを置いてある店が多くなりました。アジなどシーズンならいくらでも釣れそうですが、狙って釣るとなったら、そんな日に限って釣れてくれないものです〜実感。エサが釣れずに一日中サビキというのも辛い〜情報を見極めてから出かけなくてはいけませんぞ。

基本仕掛け

アオリイカに関しては、いわゆる泳がせ釣りとは似て非なるジャンルですし、より精緻な専用仕掛けも出現していますので、イカ釣りにうとい笑魚の出る幕ではありません。ここでは波止からやれる魚類に限定して、ざっとお話ししましょう(笑)

ハマチ・メジロ狙い

遠投性は必要ないので、普通の磯竿でやれます。シンプルなウキ仕掛けをお薦めします。当然ですが、メジロが出る釣り場でしたらハマチ狙いよりワンランク強度を上げましょう。

HINT

  1. 棒ウキより円すいウキの方が、トラブルが少ないのでお薦めです。
  2. 発泡ウキでもいいのですが、仕掛けが少しでも落ち着きやすく飛距離も出る、木製自立ウキをお薦めします。
  3. 浮力を残すように軽めのオモリにしておきます。元気なアジはどんどん潜っていきますからね。
  4. 生きアジを刺すので、軸の細いチヌ鈎を使いたくなるでしょうが、ハマチならともかくメジロ狙いだと鈎の強度が不足し伸ばされます。

スズキ狙い

上記と同じ構成です。ライトタックルの方が楽ですし、面白いでしょう。手持ちの磯竿1号でもかまいません。このタックルでも、余裕を持って80オーバーを仕留めることができます。※タモは必要ですよ。

HINT
上記と同じ要領です。鈎はチヌ鈎でいいとおもいます。

エレベータ仕掛け

泳がせ版ブッコミ仕掛けです。瀬戸内ではこのマニアがいます。底を狙いますが、アジがするすると中層から海底まで動けるような仕掛けにしていますので、エサ持ちがよく、PRしやすい、根に潜られ難いなどの特徴があります。置き竿でやれるのも、のんびりしていて波止向きです。大ガシラ、ソイ、ヒラメ、スズキなどが狙えますが、夏の盛りこの仕掛けで河口付近の大マゴチ(照りゴチ)を仕留める人が多いようです。

仕掛けは簡単なものです。手持ちのものでやれるはずです。力糸を付けないので、道糸はすこし強めを巻いておきましょう。オモリは流れにあわせますので、適当に2、3種持っていっておいて下さい。ツボはスナップサルカンです。オモリを投げるときはエサは付けません。これがエサを弱らせない秘訣です。オモリが着底したら、道糸にスナップサルカンで、魚のついたハリスを取り付けます。後はするすると海底に送り込んでやるだけ、エレベータ仕掛けの名の由来です。大きいスナップサルカンを用意しましょう。置き竿ですので3脚があれば便利です。アタリが出ると糸が出るクラッチ付きのリールが用意できれば食い込み抜群、アタリも知らせてくれるので、のんびり釣りができます。

エサ
入手しやすさ、エサ持ちを考えると小アジが一番でしょうね。イワシもヒラメで使われるように、非常に食いのいいエサですが、アジほど確実には現地調達できないことが難です。またうろこが取れるとすぐ死にますから、水で手を濡らしてから掴むなど、取り扱いがデリケートです。

不幸にしてアジ、イワシ、サバの類が調達できなかった場合は、どうしたものでしょうか。すぐ他の釣りができるようエサを、適当に用意しておきましょう。でないと撤退と云うことになります。

エサ取りでもやれないことはないです。アオリイカファンの中には、オセン(スズメダイ)や赤じゃこ(ネンブツダイ)でもよく釣れるという方がいます。こっぱグレで大物を釣った人もいますから、まぁなにか考えてやってみましょう。余談ですが、小魚の片目をつぶすといいそうです。回りつつ泳ぐようになるので、釣りよくなるようです。可哀想なので?試したことはありませんから、保証できませんが。

アオリイカのお陰で、アジ活かし用のバッカンやバケツがたくさん発売されています。いずれもよく考えられていますが、紐を付けて水中に沈めておくタイプが一番でしょうね。水温が上がらないし酸欠にならないので、よく鮮度が保たれるはずです。ただし餌屋さんでアジを買うのなら、行きの道中、必ずエビ用のポンプで酸素を補給することを忘れないように。

エサの付け方

人により好みがあります
一般的には背掛けがポピュラーです。しかし鼻掛けや口掛けを好む人もいます。私の経験では、口掛けが一番弱らないような気がしますが…。器用な人になると鮎用の鼻カンを付ける人もいます。確かに弱りが遅くなると思いますが、普段からその手の釣りを相当していないと、まず素人には無理ですね。図では親鈎を口掛け、孫鈎を背掛けにしていますが、あと親鈎を背鰭の前、孫鈎を背鰭の後ろにする方法とか、親鈎を背掛け、孫鈎を肛門付近に掛ける方法などがあります。また泳ぎがよく弱りも少ないとされているのは、親鈎を背掛けにして孫鈎をフリーにしてぶら下げておく方法です。ヒラメの時によく使われる方法ですね。覚えておきましょう。

一本鈎VS二本鈎?
これも人により様々です。面白いのですが、大型青物やクエを泳がせで狙うような人は、すべて一本鈎です。大体ノマセ釣りというぐらいですから、必要ないのですね。イカは体の構造からして掛け鈎がどうしても必要ですが、魚ならどうなんでしょう。ルアーでスズキを釣る職漁師も、フックの数を少なくしている人がいます(3本錨ではなく2本錨)。鈎数が多くなると掛かるようでいて、却って掛かりにくくなるそうです。たしかに鈎が多いと、フッキングパワーは落ちる理屈です。いずれにせよ、ヒラメなどを除いた普通の泳がせ釣りでは、錨鈎は必要ないでしょう。1本でも2本でも好みでやって下さい。鈎が少ないほどエサは弱りません。

二本鈎の結び方
私自身この釣りは、閑なときにエサ取りを付けて泳がせる程度ですから、鈎数と掛かりの良さの相関性についてはよく分りません。一応、二本鈎の作り方を書いておきます。まず親鈎を電車結びでハリスに巻きます。引き締めてから余り糸に孫鈎(先鈎)を外掛け本結びで結びます。よく分らなければ、親鈎孫鈎どちらも外掛け本結びで結んでもかまいません。余り糸を長く取れるよう親鈎を結ぶのがコツです。

釣果を上げる秘訣は?

ウキ下はどう考えたらいのでしょうか?
  1. 青物、スズキとも2〜3ヒロぐらいを標準に考えればいいと思います。大体エサが泳いでいますから、タナを合わせると云ってもねぇ〜まぁ普通のエサと違いますので、あまり神経質になる必要はないと思います。
ウキが沈んだまま浮いてきません…
  1. アジは潜る習慣があります。そのまま泳がせていてもいいのですが、気になるようでしたら浮力の強いウキで、オモリを付けずに流してもいいでしょう。
  2. ウキは真下でなく横手から引かれても沈みます。ウキが沈むから比例して、タナが深くなったとはいえません。
タナを色々変えてみたいのですが、アジが弱るのでは…
  1. あまり海から入れたり出したりすると弱るはずです。ウキ止めをぐーんと上に上げて下さい。ウキ止めがついていないことと同じになります。
  2. 深くしたいときはアジを泳がせ放し(行け行けどんどん)にし、浅くしたいときは軽くテンションを掛けてやるのです。
すぐ死んでしまいます。鈎の付け方に問題が…
  1. よほど変な鈎の刺し方をしない限り、アジは結構丈夫です。おそらく鈎に付ける前にすでに弱っていたのでしょう。活かしバケツを上手に使うとか、管理をよく考えて下さい。
アタリの出方は?
  1. まずアジの周りに本命が出現すると、アジは逃げます。かなり激しい動きがウキや穂先に出ますが、まだあわせないで下さい。ウキが沈んでしばらくしたら、竿にぐーんと魚の重みが乗ってくるはずです。本命がアジを呑み込んだ合図です。今度はしっかり竿を立てて合わせましょう。
アジの背中が囓られます?
  1. アオリイカです。魚はそのようなエサの取り方をしません。アオリイカが忍び寄ってきています。群で行動しますから釣れるチャンスです。急いで仕掛けをアオリイカ用の掛け鈎と交換して下さい。スナップサルカンならワンタッチです。いつも2セットほどバックに偲ばせておきましょう。
スズキ狙いですがアタリが出ません、飽きてきました
  1. 波止の場合、スズキは岸壁の際近くを並行して移動します。これがミソです。ルアー竿がありますか。なければそのままでもかまいません。ウキを外して2〜3号のオモリをサルカンの上に付けます。ハリスは短くしましょう。要はズボ釣りの要領です。
  2. 大体海面下3ヒロぐらいにアジが泳ぐように、道糸に目印を結んで下さい。後は潮上から潮下に向かって、アジを引き連れお散歩です。歩きながら際でルアーを引くテクトロ(てくてくトローリング)という技がありますが、それの生きエサ版です。とっても理にかなった釣りですよ。波止なら、沖を流すより確率は高いでしょう。
竿が短いのです。ウキはなくてもいいのですか?
  1. いいです。好みです。短竿で生きエビをエサにする釣りに、ウキは必要ありませんね。同じことです。際をじっくり攻めてみましょう。スズキが忍び寄ってくるときは水面下に大きい影が見えるので、どきっとすると思いますよ(笑)
  2. ただし大当たりが出たときに、短竿だと一瞬ではち切れる可能性がありますので、スプールはフリーにしておくこと。ハリス道糸通しが無難です。
エレベータ仕掛けでやっていますが、根かかり連続
  1. 折角獲物が掛かっても、オモリが根かかりしたら最悪ですね。道糸の先にサルカンを付け、道糸よりかなり弱めのハリスを短く結んでから、オモリを付けて下さい。俗に言う捨て糸仕掛けです。
  2. オモリは助かりませんが、獲物やその他の仕掛けは助かります。ただしエサ用のハリスを取り付けているスナップサルカンが、すっぽ抜けないように、サルカンサイズに気をつけて下さい。小さいサルカンしかなければシモリ玉を入れてもいいでしょう。