魚種別攻略講座

魚種別攻略講座

カゴ釣りで潮目を狙え!

青物・マダイを狙うのなら…
波止で釣れる大型青物といえばハマチ(イナダ)がまず思い浮かびますが、ここ何年か急速に魚影が濃くなり、時にはメジロクラスが鈎に掛かって、釣り人に嬉しい悲鳴を上げさせています。また一部の地方では海のスプリンターヒラマサが回ってくることもあります。ブリの親戚ですが、その身はブリよりも淡泊にして豊潤、料理屋限定の超高級魚です。こいつが回遊してきたら、人人人の群れです(笑) 

またマダイといえば普通は船釣りですが、これも外洋に面し、水深のある潮通しのよい波止ならば、狙えないことはありません。一般には釣りにくいとされている魚たちですが、こいつらを陸ッパリで、仕留めるために考えられた仕掛けがカゴ釣りです。重い仕掛けをブン投げられる男性だけの釣りですぞ!

カゴ釣りとは?

オキアミの出現でデビュー
元々は、集魚効果抜群のオキアミの出現に伴い、マキエでは届かない沖を攻めるために考えられた磯釣り仕掛けです。対象が外洋の回遊魚だけに、どこの波止でもというわけにはいきませんが、青物やマダイが回遊する一部の波止では、シーズンになれば竿が林立します。また国道から歩いていけるような地磯で、魚拓級が上がることもあります。狙える釣り場が決まっていますから、情報収集には事欠かないでしょうし、根魚と違って釣り荒れるということもありません。ただ青物に関しては、黒潮の動向に左右される年がありますので、事前情報は調べておきましょう。

理にかなった釣り
繊細なテクニックを駆使する上物釣りと比較して、豪快さが目立つカゴ釣りですから、フカセを愛好する上物師には嫌われますが、フカセの理論からいえば、どうしてどうしてカゴ釣りは、フカセの原点に忠実な釣りです。釣りのタックルとしても、非常に完成度の高いシステムです。最近はウキフカセに押されて下火ですが、カゴ釣りが盛んでなかった地方も多く、未開拓のポイントもまだまだ残されています。青物やマダイ狙いだけでなく、グレやチヌにも有効ですので、普段釣り人に攻められていない沖のポイントを、カゴで攻めて見るというのも面白い試みです。

波止チヌに特化したカゴ釣りも出現
およそ釣り人ほど、自分の遊びを工夫する人種もいないでしょう。理論的根拠はともかく、その熱意には漁師も顔負けです。カゴ釣りは、本来青物を始めとする大物狙いの仕掛けですが、その仕掛けを波止チヌ向きにコンパクトにして、カゴの手軽さ、遠投性に加えて、紀州釣りの合理性を取り入れた特化型カゴ釣りも出現しています。普及するか否かは定かでありませんが、これも面白いですね。

釣れたらみ〜んなお土産になる
一般的に狙う対象魚としては、ヒラマサをトップに、メジロ(ブリ)、ハマチ、イサギ、マダイ、グレ、チヌなど。嬉しい外道にシマアジ、シオ(カンパチ)、カツオ、ツムブリ、サバなどがあります。いずれにせよ、家族に持って帰れば喜ばれること請け合い、新鮮な青物の刺身を食べられるのは、釣り人の特権です。苦労のし甲斐もあろうというものですね。

魅力はなんといってもそのパワー
カゴ釣りの魅力は、なんといってもそのパワー、4〜5号という強い竿を満月のように曲げてくれるのは、やはり青物や大型マダイしかいません。船頭さんが船で釣らせてくれるほどお手軽ではありませんが、自分の足で大地を踏みしめ、沖の潮目から大物を引きづり出し、力で勝負する面白さは他の釣りにない迫力です。女性には頭が上がらなくなった昨今ですが、この釣りだけは当分男性限定です(笑)

基本仕掛け

カゴ釣りは対象魚は変っても、基本的にはタックルも釣り方も同じですから、一度覚えてしまうとシンプルです。ただし対象魚のパワーに対応したタックルを、選別する必要があります。引きが強い魚ばかりですから、強度が不足するとバラシが連続するでしょうし、掛けても取り込みにもたつくことになります。遠投性と釣果が比例することが多いため、強度に加えて遠投性能も重視しましょう。次に大事なことはハリスを総体長くとるので、カゴと絡んだりするトラブルが多いことです。トラブルの出にくい仕掛け作りを工夫することと、振り込みの技術を身につけることが必要です。

竿
大型狙いですし、遠投性が求められますから専用の竿が必要です。磯竿の3〜5号がよく使われるサイズですが、カゴ釣りではさらに遠投性を高めるために、腰高ガイドとリールシートを、遠投用にセッティングした遠投仕様が発売されています。中通しも発売されていますが、このクラスになると竿もかなりの重量ですので、軽くて遠投性に優れる外ガイド式が有利でしょう。長さは5.3mが標準ですが、中には長ハリスをカバーし、遠投性を高めるために6.3mの長竿を選択する人もいます。慣れない人はまずコントロールしきれないので、避けた方が無難です。

リール
太糸に加え、かなり沖まで流しますので、大口径のカゴ釣り専用リールが最適です。青物には糸を出さずに取り込む方が有利ですので、LBよりフロントドラグが向いています。こんな大きなリールでと思われるかも知れませんが、強力な巻き取り力はもちろんのこと、カゴ釣りでは仕掛けをぐ〜んと遠投させたり、遠い沖から仕掛けをえんやらと回収しなければいけません。そのための大口径スプールなのです

ライン
対象魚により5〜10号くらいの糸がよく使われています。風に弱いPEよりナイロン製が無難です。ハリスは一般的なフロロカーボンでいいでしょう。

ウキ
小アタリをとる釣りではありませんので、感度より見やすさを優先して下さい。カゴ釣りはカゴの重みで飛ばしますので、単独での遠投性に優れた自立ウキよりも、仕掛けの立ちやトラブルがわかりやすい非自立型の中通し発泡ウキか軽い桐ウキでいいでしょう。潮のりを気にする釣り人もいますが、カゴ釣りでは大きなカゴが立派な水中ウキとなって、仕掛けを引っ張りますので、特に気にする必要はないと思います。

形状には中通し玉ウキ、環付き玉ウキ、棒ウキの選択がありますが、好みでかまいません。トラブルが少ないのは中通し、仕掛けが馴染むのが速いのが環付き、視認性に優れるのが棒ウキです。釣り座が低ければ棒ウキ、高くて見通しがいいのなら玉ウキという考え方もあります。また飛行姿勢を安定させるために、矢羽を付けたウキもあります。メーカーもあの手この手と考えますねぇ。

カゴ
一般的には、着水と同時にポロポロとマキエがこぼれた方が青物を寄せやすいので、ごく普通のナイロンカゴがよく使われています。大きい編み目を選びましょう。しかしマダイ釣りには、狙いのタナで一気にコマセが出るロケットカゴが便利です。また長ハリスをとると投げづらいので、それを解決するために小さなサシエ用反転カゴを用いる人もいます。カゴにはたくさんの種類がありますが、船専用のものも多く、始めのうちはわからないと思います。まずは概要を頭に入れてから、詳しくはカゴ釣りに詳しい店員さんに相談して下さい。

クッション付きカゴオモリ
クッションは本来合わせ切れを防いだり、瞬間的な強引に対抗するためのものです。カゴ釣りでは道糸が長く伸びており、ラインの伸びが期待できますから、特に必要なものではありません。むしろ仕掛け作りに便利で、カゴ回りのライントラブルが軽減できることから、ポピュラーに使われています。

対象魚別タックルのツボ

ハマチ・メジロ狙い

最近の竿は強いので3号で充分やれますが、遠投仕様で腰の強いものを選びましょう。ラインは5号ぐらいの方がさばきやすいです。大物は一気に走りますし、高切れすることも考えられますので、150mは巻いておきましょう。ハリスはハマチなら4号、メジロ狙いなら5〜6号とサイズアップさせます。

HINT
ウキの形状は好みになりますが、釣り場の状況に対応できるよう数種用意しておきましょう。

青物に関しては、基本的に軽い仕掛けが有利と覚えておいて下さい。潮の速さ、タナの深さでオモリを使い分けます。グレ・イサギ狙いでしたら、鈎をグレ鈎8号、ハリスを3号、道糸4号程度に落とします。


ヒラマサ・ブリ狙い

磯竿4〜5号遠投仕様が標準です。上記と同じ構成ですが、魚体に合わせてタックル強度を強化しています。ハリス、鈎は必要に応じてサイズアップ。

HINT
カゴ釣り全般に関することですが、ハリスは自分がさばける範囲で長くとって下さい。長くとるほど有利と考えましょう。

サシエ用反転カゴを付けるのも悪くありません。サシエ用反転カゴにサシエを入れると、4ヒロぐらいのハリスが充分取れます。使い方は現物を見ればすぐに分ります。※大きな反転カゴではありません。あくまでもサシエ用で、小振りな透明なプラスチック製です。注意!


マダイ狙い

磯竿3号遠投仕様が標準です。ハマチ、メジロ狙いとほぼ同じ仕様ですが、使うカゴが大きく異なります。図は棒ウキですが、玉ウキでもいっこうに差し支えありません。

HINT
青物と違ってマダイ狙いには、狙ったタナで一気にマキエが出るような仕組みのカゴが必要です。図のロケットカゴは、沈下中はフタが閉じられておりマキエがこぼれません。仕掛けがタナに到達してしゃくると一気にフタが開き、マキエが出ます。狙ったなでマキエを効かすことができますので、マダイにはピッタリです。

サシエはカゴの中に鈎もろとも、入れるようにします。こうしておくと、狙いのタナでカゴが開いたときサシエも飛び出します。投げるときのハリス長さが1/2になりますから、充分に長いハリスをとることが可能になります。

波止のチヌ狙い

この釣り方は、上記に述べたような大物狙いの釣りとは似て非なるものです。どちらかといえば、一般のチヌのウキ釣りの延長線と考えるべきでしょう。道具も大仕立てのものは必要ありませんから、気楽に始められます。

紀州のカゴ釣法
紀州の3大人気釣法の1つとされています。釣り番組で和歌山大川峠のチヌ釣りとして、時々紹介されたこともありますので、名前ぐらいは聞いた方もおられると思います。これは紀州釣りをカゴに置き換えたものといえます。手で投げるダンゴには飛距離の限界があり、釣り場を選びますが、これならば遠投性に問題はなく、ゴロタ浜など面白いポイントを攻めることができます。逆さカゴ(自作要)という面白いカゴを使うのがミソです。

お手軽カゴ釣法
これは簡単です。2号程度の手持ちの竿でやれます。仕掛けはハマチ狙いなどに準じますが、チヌの体力に応じたライトタックルに変更します。つまり普段のチヌのウキ釣りでいいのです。ただし道糸は細いと高切れする可能性がありますので、3号は巻いておきましょう。いずれにせよ、力任せに投げるようなことは慎むべきです。

カゴも小さいものでいいでしょう。マキエはオキアミでもいいですが、波止ならば一点にポイントを作りたいので、チヌ用集魚材にアミエビを混ぜ込むのが面白いと思います。練り込むとバラケが悪くなりますので、かき混ぜる程度にして下さい。釣り方はウキ釣りと同じです。大きくしゃくる必要もありません。自然にマキエがこぼれて、チヌを寄せるからです。ウキはトップに浮力のあるセルトップを使って下さい。マキエがばらけるまで、かなり沈むことへの対応です。

ウキフカセに比べるとお洒落な釣り方ではありませんが、カゴが水中ウキ替わりになって、仕掛けを安定させ流れをトレースしてくれるので、潮がいまひとつ読めない人や、道糸の操作が苦手な人にはお勧めです。紀州釣りより荷物が少なく、習熟性が低いのでずいぶんお手軽です。ただし根気のよい手返しで、チヌを寄せることが大事です。結構これで釣っておられる方もいます。興味を持たれたら試してみて下さい。

カゴ釣りの基本

マキエとサシエの同調?
上物釣り、特にウキフカセ釣りでは、マキエとサシエの同調がやかましく云われます。そのため初心者はもちろんのこと、一般的に潮を読むのに慣れていない波止釣り師では荷が重いのです。しかしカゴ釣りにはそんな心配はありません。カゴイコールマキエのタナですし、流れていくマキエは自然とサシエに合いやすくなっています。また悪条件でウキが流されても、カゴとマキエが一心同体ですから、マキエの層を大きく外れることはありません。まぁ難点といえば仕掛けが大道具ですので、繊細な釣り味に欠けると云うことでしょうか。

潮目を狙え!
海の釣りなら潮目は絶対のポイントです。潮目とは潮と潮の合流点をいいます。そこでは、ちょうど海の中で壁ができたような状態になっています。ですからプランクトンが溜まります。そのため小魚、肉食魚と食物連鎖が発生するポイントになります。またマキエをする釣りなら、必ず沖へ流れていったコマセは潮目で滞留します。当然魚が集まってくるわけです。通常のウキ釣りでも、釣れないからと遠投する人がよくいますが、むやみに沖を狙ってもダメです。どこかに潮目はできていないかと、注意深く観察することが必要です。

潮目の見方
潮目は大抵沖にできます。足元の払い出しと沖の本流が合流して、近くにできることもありますが、そういうケースは少ないものです。ですから、軽い仕掛けのウキフカセではなかなか届きません。カゴ釣りの出番です。潮目は刻々と変る潮の移動でできますから、一日中同じ場所にあるわけではありません。目を凝らす必要があります。海の色が変る境目や、波気の向きが変っている、白い波頭が立つ、カモメが集まるなど、よく観察していればたいてい分ります。潮目にも釣れる潮目と釣れない潮目がありますが、文章では表現しにくく、そこらは経験でカバーすることになります(笑)

ハリスは長くとれ
この重要性については、ウキ釣りコーナーでも解説していますので、お読み下さい。大体カゴ釣りに適した釣り場は、潮通しがよいものです。またカゴ釣りで攻めるのは沖になります。沖ほど手前より障害物が少ないため、流れは速くなります。速い潮ほど長ハリスを取らなければなりません。左の図は船の天秤コマセ釣りですが、カゴ釣りと理屈は全く同じです。長ハリスの重要性がお分かりですね。5m程度の竿でしたら3ヒロちょっとが限界ですが、青物よりマダイの方が、深く釣るだけに長ハリスの効果があります。

タナの設定
ポイントがバッチリでも、タナがずれていたら話になりません。とりあえず青物は3〜5ヒロぐらいと、覚えて置いて調整してみましょう。マダイはタナが刻々と変る魚です。大体グレが釣れるような所で、なおかつ水深があるような所が、マダイ狙いによく、近くに砂地が所々あれば最高です。大体5〜10ヒロ、あるいは海底近くとされていますが、釣り場や季節によって変りますので、やはり地元のベテランや信頼できる情報に頼りましょう。

釣果を上げる秘訣は?

ウキ下が二つあるといわれましたが?
  1. カゴ釣り師の中には、ウキから鈎までの長さをウキ下と呼ばずに、ウキからオモリまでの長さをウキ下と呼ぶ人が多くいます。長いハリスをとり、ガン玉を付けずにふかせますので、オモリから下を無視しているのですね。これはこれで合理的な考え方です。
  2. ですから人に聞くときは「オモリまで?鈎まで?」と確認する必要があります。注意しましょう。
人が多いのでお祭りしますし、上手く流せません
  1. これは習熟するしか仕方がありません。人で混む有名釣り場になると、申し合わせたように、全員が同じような仕掛けでカゴを流しています。違う仕掛けだと流れ方が変ってきますから、隣人同士トラブルが出るのです。さすがといわざるをえません。
  2. 友人同士やグループ同士なら「観音回り」という釣り方を覚えて下さい。並んで立つ釣り人が、ウキが沖に流れていくのに合わせて、くるくる回って釣り座を変えていく方法です。例えば二人でウキを右手に流すとします。右側の釣り人が流し終えたら、釣り座を移動して隣人の左に入ります。そしてまた仕掛けを投入します。これの繰り返しです。釣りが中断しませんし、同じ流れの筋を釣りますから、マキエが無駄なく魚を寄せるのに使われます。太刀魚釣りなど、他の釣りでも応用できますよ。
ウキがごついのですが、いいのでしょうか
  1. 普段繊細なチヌウキを使っている人でしたら「こんなんで、喰うのかいな?」と思われるでしょう。しかしことこの手の釣りに関しては、ウキの抵抗とか余浮力など難しいことは考えなくていいのです。喰ったらピョコン、ん?、スパッーとウキが消し込むはずです。ウキが云々云う前に、ごついカゴを引っ張るわけですから、感度は無視してもいいでしょう。まずは遠くに流しても見やすい視認性、トラブルの少なさを優先するようにしましょう。
  2. 鈎も小鈎を使う必要はありません。遠投してもエサ落ちせず、強引を受け止めてくれる大鈎が有利です。普段太い糸を結びつけていない人は、チモトがほどけることがありますので、しっかり結ぶ練習をしておきましょう。
マダイは夜釣りがいいと聞きました
  1. ハイ、その通りです。真っ昼間よりマズメ、夜釣りに分があるといっていいでしょう。笑魚も大マダイを狙って、夜討ち朝駆けで日本海に釣行を繰り返したことがあります。成果は…聞かぬが花という言葉があります(笑)
  2. 大きいケミホタル75が取り付けできる昼夜兼用のウキが各種出ています。ハリスにはルミコを取り付けることをお勧めします。集魚効果もさることながら、暗闇で長ハリスを掴むのに便利です。
エサはどのようなものがいいでしょう
  1. 青物ならオキアミで決まりでしょう。エサが小振りならば、目立つよう抱き合わせの2匹掛けにすればいいと思います。エサ取りが多い時期なら、ボイルという選択もあります。ただし海水を充分吸わせてから使って下さい。マダイならオキアミを基本に、その地方で実績のあるエサを使ってください。マムシ、ボケ、ホタルイカなど様々です。
  2. エサ取りが跋扈する夏場の若狭では、粒サナギの数珠掛けが使われます。コマセも粒サナギです。「こんなんで釣れるんかいな?」と半信半疑でやったことがありますが、確かに小型でしたが釣れました。地元の釣りをなめてはいけません。
仕掛けが絡んで困ります
  1. カゴ釣りにトラブルは付き物、仕掛け投入にサミングの技術は必須です。「隣に負けない丸秘テク」コーナーの「リール操作と仕掛け投入」をご覧下さい。また投入時、他人の頭上にコマセをこぼすことがありますので、一声掛けてから投入しましょう。
隣がルアーマンなので気が散ります
  1. お互い釣り師ですから、仲良く会話を交わすなどして、親の敵のように睨み付けないことです。上級者ならいいのですが、海を知らないルアーマンでしたら、ラインにルアーが引っかかるトラブルが多いので、潮上に釣り座を替ってもらいましょう。
  2. また青物が回ってきたら、気が散るのはルアーマンになります。なぜならばいったんオキアミに付いた青物は、ルアーに反応しなくなるからです。
カゴにオキアミが残ります
  1. それはよくないですね。詰めすぎの可能性があります。軽く押し込むと速く出ますし、グッと詰め込むとゆっくり出ます。時間の調整は詰め加減でやってください。青物狙いならぽちぽち出た方がいいですから、竿をしゃくってコマセを振り出す必要はありません。軽い目に詰めておけばいいでしょう。それでも残るようでしたら、カゴの編み目を適当に切って下さい。速く出るようになります。
  2. マダイ狙いのロケットカゴなら、ウキが着水してから立つまで待っていて下さい。そしてウキが立っても、まだしばらく待ちます。ハリスがまだ馴染んでいないからです。ハリスが馴染んだら一気に竿をしゃくって放出します。あとはアタリを待つだけです。適当に流したら回収して再度投入です。
マダイのタナの決め方が分りません
  1. ベテランに聞いたタナでやってダメなら、エサ取りの挙動で判断します。エサ取りのアタリが出るまで、ウキ下を深くしていって下さい。エサが取られ出したら、そこがエサ取りのいる層です。
  2. マダイはその層のやや上にいるケースが多いので、今度はちょっとだけタナを上げて下さい。エサが取られるか、取られないかのぎりぎりが、マダイのタナです。
メジロ狙いですが、周りは釣れているのに自分には…
  1. まずタナを疑って下さい。いったんマキエについた青物は興奮して徐々にうわずってきます。つまりタナが浅くなるのです。ですから思い切ってタナを上げてみましょう。釣れているときも同様です。着水と同時にアタリが出ることもあります。
  2. 次に人より手前を釣ってはいけません。ウキフカセでもそうですが、並んで釣るときは少し沖目沖目と攻めるのがセオリーです。またコマセの流れる関係から、潮下側はほとんどの場合、絶対有利です。不利な潮上側で釣るときは、なおさら沖を攻める必要があります。