磯釣り専科-磯フカセ入門

磯釣り専科

ガン玉が打てれば一人前

ガン玉一つで釣果が変る不思議
ガン玉など、どんな風に打っても変らないようですが、1gにも満たないオモリが仕掛けに与える影響は大きいのです。こんな時はこう打つ…とばかりに、ガン玉の打ち方を書いた本はたくさんありますが、いくら仕掛け図を暗記したところで、現場の状況に見合った応用はできません。長ハリスと同じことで、やはりなぜ?を理解することが、ガン玉使い上達の秘訣です。

ガン玉を知る前に仕掛けの流れ方を考えてみよう

さて海の中で仕掛けはどのように流れているのでしょうか?「考えたこともないなぁ〜アハハ」では話になりません。難しい流体力学などは必要ありませんが、それなりに頭を絞らなくては仕掛けが作れません。

さて流れが(風も)完全になければ、仕掛けは当然のことながら水中に静止します。次に流れが水深に関わらず一定の速さで、ウキには道糸が付いていないとすれば、仕掛けに掛かる水圧や抵抗は一定になりますから、仕掛けは静止しているかのごとく直立して流れます。皆さんが普段イメージしているのは、おそらくこれに近いものでしょう。

しかし実際には、ウキに道糸が付いています。道糸はウキにブレーキをかける存在になります。ですから仕掛けには角度がつきます。角度が付くということは想定したタナよりサシエが舞い上がることになります。つまり想定したタナより浅く釣っていることになります。この現象は潮が速くなるほど顕著になります。

これだけだと話は簡単なのですが、潮は複雑な流れをします。風が強く吹いたと想定して下さい。これが長く吹き続くと、海面に表層流という流れが生じます。風と潮の流れがいつも一致するとは考えられませんから、当然二枚潮という現象が発生します。底潮と逆行する上潮でしたら、仕掛けには強いブレーキがかかり、仕掛けが落ち着かなくなります。

底潮と並行して流れる上潮でしたら、サシエがブレーキとなってウキが先行した形になります。いずれにせよ、ウキ釣りでは喰わないとして嫌われる現象です。また海底近くには隆起があります。それが障害物となって潮の流れを阻害しています。つまり底の方がやや流れが遅いのです。二枚潮は風だけでなく水潮や、潮流同志の干渉によっても起こります。難しいね。

海の中は見えません。ですから吹いている風やウキの流れ方、糸のとられ方、ウキを回収するときの手応えなどで、海面下の流れを読みとらなければいけません。名人と称される人は、皆この潮読みが抜群です。潮の悪い状況、あるいは仕掛けがうまくイメージ通りに流せないときに、いかに手を打つか、それが釣果の分かれ目になります。こういう時にガン玉も一役買うのです。

ガン玉の基本的な役目

ガン玉には色々な役目があります。ざっと整理してみましょう。

仕掛けをタナまで引き下ろす
ウキを遊動式にした場合、道糸の抵抗が掛かるため、オモリをウキより下に付けないと、すんなり仕掛けは落ちてくれません。ウキ浮力0.5号以下の仕掛けでは、ガン玉の出番になります。ですから人によっては、道糸側に付けるオモリを落としオモリという人もいます。分りやすい表現です。

ハリスを馴染ませる
上記でも書いたように、潮が速いと仕掛けが舞い上がってしまって、魚のいるタナまで届きません。マキエは時間差を付けて投入することで、ある程度サシエに合わせることができますが、タナばかりはガン玉のお世話にならないと、どうしようもありません。磯では本流やサラシ場を釣るときに、かなりガン玉を打ち足します。波止の落とし込みでも、テトラなど波気のあるところでは、重いガン玉を打ちますね。それと同じようなことです。

アタリをとる
ハリスが海中でたるんでいると、魚が食ってもタイムラグが出て、ウキにはすぐ反応しません。しかしガン玉を打ってやると、ハリスのたるみが軽減し、アタリが出やすくなります。短ハリスの方がよく釣れるという釣り人の多くが、あるいはビデオを出すような名人でも、オモリ位置とハリス長さを混同しています。

鈎を先行させる 
通常仕掛けを投入すると、一番重いオモリから沈下します。ですから鈎を先行させたい落とし込み釣りは、必ず鈎から沈むように、鈎オモリを打ちます。ウキ釣りでも、最近流行の沈み探り釣りでは、鈎を先行させるように仕掛けを沈めていきます。この場合のガン玉使いは、非常に繊細なものです。

ウキの浮力を微調整する
ウキの浮力はメーカーや商品によって微妙に異なります。余裕を持たせた浮力設計のものもあれば、いい加減な作りのものもあります。また海によって塩分濃度が違いますから、同じウキでも浮力が変化します。シビアに云うと水温にも影響されます。夏にぎりぎり浮かぶウキなら、真冬には温度による水の体積の変化で沈みます。たいていのウキは応用が効くように、少し浮力を残しています。ですから最高の性能を発揮させるためには、小さなガン玉を打ち足し、ぴったりと浮力を調整してやる必要があります。

基本的にはこれぐらいです。人によっては、仕掛けにいい角度を付けるためとか、誘いをかけるためとか云いますが、それらも上の範疇と考えていいでしょう。

ガン玉の基本的な打ち方パターン

上記項目の順で、ガン玉の基本的な打ち方をレクチャーしましょう。サラシ場でのガン玉の打ち方など、あまり難しいことを書いても、ここでは意味がないと思いますので、皆さんが通われる波止でのウキ釣りを想定して解説してみます。ハリス長さは一応1.5〜2ヒロぐらいを想定して書きます。1ヒロ以下矢引などになれば、ガン玉の出番などあまりないからです。

仕掛けをタナまで引き下ろす
中通しオモリを使わない軽い仕掛けの場合は、ガン玉の出番です。基本的にはサルカンのすぐ上、道糸に打ちます。ハリス部分には必要がなければ打たないようにするのが原則です。土台となるルールを作ることで、海中での仕掛けをイメージしやすくするのです。※通常落としオモリは0.5号とか、最低でも3Bは必要だと思われている方が多いようですが、風や流れが弱く、細い道糸に滑りのよいウキスイベルを使っていたら、充分Bでも落ちます。軽いガン玉を使うと云うことは、小型のウキが使えると云うこと〜寒のメバル釣りに有効です。

ハリスを馴染ませる
流れが速く仕掛けが浮いているなと感じたら、ハリスにガン玉を直接打ちます。打ち方の基本はサルカンと鈎との中間です。サルカンを付けず直結している場合は、ウキと鈎の中間に打って下さい。流れによる水圧が等分にかかり、仕掛けがいい角度になるからです。ガン玉を打ってウキに浮力が不足するようなら、面倒でも余裕のあるウキと交換して下さい。速い流れならG2〜Bぐらい、そこそこの流れならG6〜G4ぐらいでいいでしょう。そんな小さなオモリでも効果は絶大です。

分散して打つ
ガン玉は、1個よりも小さいものをハリスに分散して打つ方が、潮にはよく馴染みます。しかしタナを変えるたびにスライドさせて調整するのが大変です、波止ならば2個まででいいでしょう。ガン玉の合計重量は1個の時と同じです。二つとも同じ目方に揃えます。先が軽い方がいい、いや重い方がいいとか説は色々ありますが、大同小異です。簡単な方がいいでしょう。また厳密に重量表で計算しつつ「G4とG3を1個ずつ打つと…」という几帳面な人もいます。しかしガン玉自身メーカーによって規格が違いますし、ばらつきもかなりあります。時間の無駄ですね。

アタリをとる
タナを調整してもぴんとこないようなら、これも上と同じくハリスの中間に打ちます。ただし手持ちの一番小さいガン玉で充分です。重いガン玉は逆効果です。すでにハリスにガン玉を打っている場合は、分散して打ちましょう。入れ食いの時は鈎先近くに打つことです。アタリが速く出て呑み込まれることが減ります。いずれにせよオモリを打つと、仕掛けは立ちますのでタナはやや深くなります。その分少しだけウキ下を浅くすることを忘れてはいけません。

鈎を先行させる
落とし込みのような釣りでは、鈎にオモリを直接打ちます。チヌが鈎オモリを嫌わないからです。糸ふけが出にくい仕掛けですから、ポイント直撃、アタリも出やすく理にかなっています。ウキ釣りでもチヌ狙いならこの手が使えます。底にいる気配がしても喰ってこないときは、タナを変えるより先に、一度鈎のチモト部分にガン玉を打ってみて下さい。美味しいことが多々ありますよ。

ウキの浮力を微調整する
最近の特化した円すいウキの中には、余浮力がほとんどないものがあります。ですから微調整オモリの必要はほとんどありません。しかし波止で主体となっている棒ウキでは、使い勝手を考えて、充分ガン玉を打ち足せるぐらいの余浮力を持たせています。ウキにもよりますが、0.5号のウキでB程度は残しているようです。この場合、固定式ならBをウキの直下、遊動式なら中通しオモリのすぐ上に打って下さい。もちろんハリスに打つ必要が出たときは、そのBを外して打ちます。

ガン玉装着法

ガン玉を上手く打てたり外したりできるようになるのには、ちょっと慣れが必要です。すいすいできるようになった頃には、釣果もそれなりに上がるようになっているはずです。慣れることが一番であまりコツはないのですが、守らなければいけないことはあります。書き出してみましょう。

  1. ペンチ禁止、歯で軽くつぶすこと!
    ガン玉が主流になる以前は、カミツブシと呼ばれる米粒状のオモリが使われていました。その名の通り噛みつぶしなのです。軽く噛む程度でちょうどいい具合に締まります。ペンチでは締まりすぎて、糸がかなり傷みます。大物と遭遇したとき、この部分で切られたことが二三度あります。それからは特に注意するようにしています。

  2. ガン玉は爪で外す
    ガン玉は爪で外せるぐらいでないと、スムーズに移動できません。この章で説明したのは基本で、実際には海を見ながらガン玉を上下させたり、付けたり外したりしています。ハリスに傷を付けずにさっと移動できて、なおかつ外れないという絶妙の締め具合を覚えて下さい。難しいようですがフカセ釣りをやっている人で、できない人はいません(と思う…)。もっともG5などの小さいガン玉になると爪では無理ですから、ペンチで外して下さい。ガン玉外しという道具もありますが、使い勝手はどうでしょうか〜好みでどうぞ。

  3. ハリスに傷を付けたくない、なおかつ環境擁護派なら…
    ガン玉の割れ目にゴムを張り付けた、ゴム張りガン玉という優れものがあります。ちょっと割高ですが指で脱着できますし、再利用が可能です。ただし使った感じでは、小さいガン玉は却って取り付けにくいですし、大きいガン玉もよく外れて落ちます。実用的なサイズはB〜4Bぐらいですね。

  4. 器用な人なら…
    ティッシュペーパーをちぎって、ハリスに軽くひと巻きしてから、ガン玉を打って下さい。ハリスの保護にもなりますし、移動も簡単です。ただし不器用な人はやめましょう。私は2回ほどやってめげました。

いかがですか?前回の長ハリスと同じく、ちょっと難しかったと思います。しかしこれが分っていなければ、ついつい習慣的に打つだけになりがちで、オモリの持つすごい能力を生かせていないことになります。じっくりゆっくり理解していって下さい。全般的にスキルが向上してくれば、いつか役に立つ日が来るはずです。