磯釣り専科-磯フカセ入門

磯釣り専科

鉛で決める浮力調整

成果の陰にシビアな浮力調整あり…
ウキの浮力調整を軽く考えていませんか。ウキを生かすも殺すも、一見簡単そうに見えるこの浮力調整が鍵なのです。あなたのウキ釣りを、びんびんにチューニングアップするシビアなウキセッティングの秘訣を覚えましょう。

ウキにオモリを付ける意味

ウキにはオモリ表示が必ずある…
初心者のためにウキ釣りのメカニズムちょっとおさらいをしてみましょう。ウキには色々な浮力のものがあります。たいていウキのボディの横側に小さな字で1号とか3Bとか大大などと書かれています。それぞれがどういう重量単位を意味しているのかは、別章で説明しましたね。その数字や表記のオモリをウキ(実際は糸)に着けると、ウキが適切に水に浮かぶとされています。

どうしてオモリを付けるのか…
かなりのベテランでも分かっていない人が多いようです。オモリを付ける理由はずばりタナを確実に取るためです。加えて、早い潮に仕掛けを馴染ませるという役割もあります。オモリを付けない完全フカセは喰いがいいことで定評がありますが、深いタナに潜む魚を狙うのには、ちょっと無理があります。逆に言えば浅いタナを遊泳する魚を狙う場合は、オモリは軽いもの(あるいはなし)でいいということになります。

遊動式なら仕掛けを引っ張るという役割もある
固定式(ウキ下3ヒロちょっとが限度)なら、オモリがなくともウキが支点となり、悪条件でない限り仕掛けは自然と馴染みます。しかし遊動式は道糸がウキの中を通る構造なので、穂先が支点になります。すると海面にある道糸の抵抗が仕掛けに掛かり、オモリがないといつまでも仕掛けが馴染みません。つまり沈もうとする力より、海面にとどまろうとする力が勝つわけです。ですから遊動式の場合は固定式より重めのオモリを選択しなければなりません。

ウキの浮力表示
そのウキが水に浮かんだ時、沈んでいる部分は水と釣り合いが取れていますから浮力は残っていません。しかし水面から顔を出している部分はまだ浮力が残っています。この残った浮力でオモリを背負うわけです。ですからオモリを付けずにウキを水面に浮かべると、小さな浮力表示のウキは少ししか顔を出しませんし、大きな浮力表示のウキはぽっかり浮かぶことになります。この浮力より重いオモリを付けると、当然ウキは沈みます。

色々な浮力のウキを使いこなす必要性
魚によってタナは違います。水深に見合ったオモリを使い分けるということは、イコール色々な浮力バリエーションのウキを使い分けなくてはいけないということになります。風や流れが強くなれば、仕掛けを馴染ませるためにオモリを追加しなくてはいけません。当然ウキも交換してそのオモリ負荷に対応させる必要が出てきます。参考までに、一般的な波止釣りで水深に見合ったオモリ負荷(ウキ浮力)は…

  1. 水深0〜3m(2ヒロ)   オモリなし〜ガン玉B程度
  2. 水深3〜4.5m(3ヒロ) ガン玉B〜3B程度
  3. 水深4.5〜6m(4ヒロ) ガン玉3B〜5B(0.5号)程度
  4. 水深6〜10m       0.8〜1号
  5. 水深10m以上       1号以上

船釣りでは大体10mにつき10号とされていますから、ずいぶん軽い仕掛けです。流れの穏やかな波止や磯なら10mにつき1号と考えておいてもよいでしょう。ただし自然条件が厳しくなってきたら、オモリを追加していくことになります。

意外にいい加減な余浮力表示?

余浮力とは…
残浮力ともいいます。通常、浮力表示に見合ったオモリを付けてもウキには多少浮力が残るよう設計製作されています。理由はもし完全にバランスを取ると…

  1. ウキがほぼ水面下に没し、見にくくなる
  2. 仕掛けはオモリに加え、糸やサルカン、鈎、エサの重みも背負う
  3. 沖を流すと長く出た道糸の重みがウキに掛かるため水没する
  4. 流れには下向きの流れもある。浮力がないと抵抗できず水没
  5. 場所によっては塩分濃度が異なり、浮力が変化する
  6. うねりが入るとウキが沈み込むため、視認しづらくなる
  7. 水温の変化でも浮力は変わる(冬の方がよく浮く)

要するに余裕を持たせておかないと、見にくいだけでなく沈んでしまうのです。

しかし問題が…
この余浮力はほんのちょっとでいいのです。必要以上にウキに持たせる必要はありません。しかしちょっとした波風や重めのエサで沈んだりすると、販売店からクレームが付きますので、メーカーはかなり余裕を持たせた設計にしています。発泡素材やプラスチック製の電気ウキなども、浮力表示はかなり多めです。つまり表示オモリを付けただけではバランスが悪いウキなのです。こういうウキにはかなりオモリを打ち足してやらなくてはいけません。
※意図的に浮力を残したウキもあります。下記の「読者の質問」を参照。

いいウキは余浮力が正確

さすがに名人ウキや高級素材ウキは違う
いいウキになるとこの表示が非常に正確です。ウキ作家あるいはメーカーの開発思想で、多少は浮力の残し方に差異はありますが、基本的にそのままで使えるぐらいシビアです。オキアミエサが主体の円すいウキなどでは、たいてい小さなガン玉を打つとじわりと沈み始めるぐらいです。逆にヘラウキなどは浮力表示がありません。水に溶け目方が変わるダンゴエサを使うということで、ドンピシャの浮力調整鉛を打つ技術を釣り人に求めているのです。

商品によって余浮力の残し方にも差がある
ばらつきが少なく余浮力が正確なウキでも、それぞれ使い方を想定して余浮力の残し方に差があります。購入するときはそこら辺もチェックする必要があります。

  1. 遠投用の大きく重いウキは余浮力が多めです。つまり遠投するとシルエットが小さくなり見にくくなります。道糸も長く出るので糸の重みと潮の抵抗でウキに負担がかかります。そのためちょっと浮き気味に作ってあります。
  2. 足下を攻める小型のウキは上記の反対になります。大抵シビアです。
  3. 深場用のウキも余浮力は多めです。オモリ自体のばらつきもありますし、ハリスへ打つガン玉オモリなども余分に想定してあるからです。
  4. 円すいウキより棒ウキの方が、一般的には浮力を残し気味です。初心者が使うウキは大部分が棒ウキです。どんな使われ方をしても、しっかりトップが水面に出ているよう設計されているからでしょうね。
  5. 沈ませ釣りといってウキを潜行させて使う特殊な釣りもあります。この釣り専用のウキに余浮力はありません。エサの重みだけでもじわじわ沈みます。

具体的にはどの位余浮力が残されているのでしょうか。まぁそこそこいい小型のウキの場合で、鈎・エサ・サルカンを付けた状態でガン玉G2程度、1号程度のチヌウキならば同じく、鈎・エサ・サルカンを付けた状態でガン玉B程度が残ります。ですからまだハリスに小さいガン玉を打つ余裕があります。これぐらい残っている方が、色々な状況をこなさなくてはいけない実戦では使いやすいものです。

余浮力を殺すメリット!

ウキは沈ませ気味に使え!
普通のウキには余浮力があり、規定のオモリを打ってもまだまだ浮力が残っています。設計の悪いウキだと浮き上がって傾いているものさえあります。こういうときは固定式ならウキの真下、遊動式ならサルカンの真上ぐらいにガン玉を打ち足し、ちょっと沈め気味に浮力を調整してやります。すると…

  1. 水中部分の体積が増し、潮のりがよくなる(=流れと同調)
  2. 魚がエサを加えたときの抵抗(浮力)が軽減するため食い込みがよくなる
  3. 波の上下に影響されにくくなり、エサの流れるタナが安定する
  4. 当然浮力が減ると高感度になり、わずかなアタリにも反応する
  5. 海面上に出ている部分が減るため、風や波の影響を受けにくくなる

いいことづくめですが、余浮力がぎりぎりになることで視認性が低くなり、慣れた人でないとアタリを読みにくくなるというデメリットもあります。

棒ウキのシビアなセッティング

トップの材質をよく見る
棒ウキのトップには中空状のセル製と、ソリッドと呼ばれる無垢のグラスファイバーの2種類があります。ソリッドは細くて簡単に曲がりますから、すぐに分かります。中空トップの特長は…

  1. 太いため遠くからでも視認しやすい
  2. トップそのものにも浮力がかなりあるため、うねっても水没しない。

反対にチヌやメバルウキによく使われるソリッドの特長は…

  1. 細いため見にくい(対策としてシモリ玉を付けているものも多い)
  2. 浮力が全くないので水没するときの抵抗が少ない=高感度

トップの違いで差をつける…
このように大きな違いがあるため、オモリセッティングの時には注意が必要です。例えば同じ1号ウキのセッティングに例を取ると…

中空トップの場合
喫水線表示よりかなり下目にとっても問題がない。つまり大きめの余浮力調整ガン玉を打って沈み気味にしてもまだ浮力が大分残るはず。

ソリッドトップの場合
喫水線表示よりちょっと下目程度に調整。小さめの余浮力調整ガン玉が無難。

風や波気があるときは…
自然条件が悪くなるほど、普通は浮力を少し残すようにしますが、とても風が強くウキのトップが倒されてしまうようなこともあります。そんなときは逆にオモリを追加して、トップの先をかろうじて見えるぐらいまで、どんと沈めてやります。うねりでトップが見え隠れしますので、波のリズムを読みアタリを取ります。

円すいウキのシビアなセッティング

最近のウキは沈めてもよく見える
円すいウキは、一般的に棒ウキに比べると潮のりが悪く(潮と同調しにくい)感度もかなり落ちます。ですからオモリを余分に打つことで沈ませ気味に流すと、棒ウキよりも余浮力を取り去る恩恵を受けることができます。基本的には棒ウキとやり方は同じですが…

足下から竿2本沖までを釣る場合
ウキのトップを水面ぎりぎりに調整する。最近のウキは非常に塗装がよくなり、水中に沈んでも視認性が高いため、アタリは充分取れる。

沖を流す場合
沖を流すと上からではなく横から見る形(目線が低くなる)になるので、棒ウキと違って極端に見にくくなる。道糸の重みや潮、風の影響を受けやすくなるため、自然と沈み気味になる。浮力表示の正確なウキなら、ガン玉を打ち足さない方が無難。

読者の質問

カゴ仕掛けのオモリセッティングについて…
僕はいつも波止釣りがメインですが、今度カゴ釣(メジナ)に挑戦しよう!と思っています。カゴ釣りの場合、ウキの浮力はどのように計算したら良いのでしょう?通常フカセの場合は、なるべくウキ浮力ギリギリになるよう釣っているのですが、カゴになるとマキエの重さも考える必要があるのでは? 

試しに以前サビキ釣をしていた時のウキで浮力調整してみたところ、6号のウキで9号までオモリが乗りました。これはマキエの分まで浮かせる為ですね…。残浮力は少なくした方が、魚が食いついた時に違和感を与えないような気がしますが、カゴ釣には当てはまらないのですか?

  1. 通常カゴに詰めるコマセにはオキアミかアミエビが使われます。これらのコマセは海水の比重に近いため、目方そのものをあまり気にする必要はありません。もちろん、海水より少しだけ重いですから、浮力を多少残してやることは必要です。チヌ狙いなどで比重のある集魚材を併用する場合は、コマセが海水より重くなり、仕掛が馴染むとウキは水没しますので、エサの重み分浮力を調整してやります。

  2. ウキの余浮力がずいぶん大きいのには理由があります。フカセ釣りのように使われ方が決まっている場合は、メーカーもシビアに作ることが出来るのですが、大きい浮力のウキはどんな使われ方をするのか、メーカーも想定し切れません。ですから、わざと余裕を持たせて浮力を残すのです。例えば同じカゴ釣り仕掛でも…

    A.シンプルなナイロンカゴだけ
    B.クッションオモリ付のナイロンカゴ
    C.天秤付のプラ製カゴ
    D. ステンレス製大型反転カゴ  などなどETC...
  3. AとDとでは仕掛の目方に2号近い差があるはずです。メーカーはこれに対応させるために、大きいウキになるほど浮力を残すような設計にしています。ですから大きめのウキを使う場合は浮力表示に囚われず、実際に使う仕掛をつけ浮力をテストして、最適なオモリセッティングをする必要があります。またカゴは遠投しますから、潮や風、道糸の抵抗がウキにかなりかかるため、少し浮力を残した方が視認性が保たれます。余浮力がないようなセッティングをすると確かに感度は上がりますが、200m近くもカゴ仕掛を流すと潮の抵抗だけでもウキは沈みます〜。しいていうなら木製ウキの方が、元々が高浮力な発泡性のウキより余浮力が少ないようです。

  4. 普通カゴ釣りで釣る魚は青物、イサギ、マダイがポピュラーです。この手の魚は、それこそウキをスパッと消し込む魚です。魚の感じる違和感という点については、ウキより先に大きなカゴの抵抗が真っ先に魚にかかります。それでも釣れますから、余浮力についてはそんなにシビアに考える必要はないでしょう。

  5. 以前はグレをカゴでやる人もいましたが、最近はフカセ主流で見かけません。私自身カゴでグレをやったことはないのではっきりしたことは言えませんが、大体沖のポイントほど魚はすれていません。そういう意味ではカゴ釣りも悪くないでしょう。人が攻めていないような沖(ただしびっしりシモリのあるところ)でしたら、魚影も濃く喰ってくると思います。その場合はウキの感度よりも、潮のりがよくコマセと同調させる仕掛作りを優先して下さい。カゴ釣りは思っているよりも仕掛操作が難しく、釣り場も限られています。カゴ釣りでグレをポンポン釣れるようになったら、潮を読む技術が相当あると思っていいでしょう。

  6. グレにカギって云えば、杓でコマセを飛ばせる範囲でしたら、絶対にフカセに分があります。仕掛の感度やウキがどうの云う前に、手返しが圧倒的に早くコマセの量が桁違いだからです。カゴを使うメリットはあくまでも遠く、かつ数ヒロ以上の深いタナを攻めるときに表れます。そこらも考えておいて下さい。