初めての釣具選び

初めての釣具

携行品チェックリスト

ざっと前章までで海釣りの必要な用具の解説をしました。ここではおさらいを兼ねて、波止釣りを対象に、釣行に必要な携行品の優先度とチェックポイントを書き出してみました(^^)b

優先度★★★ どんな釣りでも最低これだけは必要!

アイテム 用途 選ぶポイント
水汲みバケツ
水汲みバケツは大活躍します。手を洗う釣り場を綺麗にする、アミエビを溶かす、釣った魚を入れる、三脚のおもしにする、ゴミ箱などなど〜 大きなものは必要ありません。コンパクトでしっかりしたものを選びましょう。ハンドルに巻いたロープ付きのものが便利!
ペンチ
魚(服)から鈎を外す、手で触れない毒魚を掴む、糸からオモリを外すなどペンチは大活躍。ポケットに一つ入れておこう 錆びないステンレスで、軽量かつ手にあったちょっと大きめの釣り専用のものがグッド!糸を切る刃がついたものや、ルアー用はお勧めしません
はさみ 糸や仕掛けを切るのに絶対必要。歯の格別強い人以外は必携 初心者なら爪切りタイプより普通の小ばさみがいいでしょう。刃が片手で出し入れできるスライド式が便利
クーラー
魚の持ち運び以外にもお弁当や飲料水を入れておける。真冬以外は氷は必要。家で作った氷はすぐ溶ける?餌屋さんで氷を買おう とりあえず13〜16Lぐらいが手頃なサイズで使いやすい。トレー付きのものが何かと便利。レジャー用は強度に欠けるので、釣り専用を選んでね。長く使うから結局はお得
仕掛け入れ
仕切の付いたフタ付きの仕掛け入れ。鈎、ガン玉、サルカンなどを入れておく 各種出ているから、1〜2個ポケットに入る小さなものを買おう。フタがしっかりしているものを買うのがコツ

優先度★★ できれば揃えたいもの♪

アイテム 用途 選ぶポイント
手袋
魚はヌルヌルしていて掴みにくく、ヒレには鋭い棘があるので手袋をしていると安心。冬には防寒になります 釣りの手袋には全指切り(夏用)と二本指切り(冬用)があります。季節に合わせますが、写真の全指切りの方が使いやすいです〜
バッカン
マキエを使う釣りには必需品ですが、道具入れとしても最適!汚れを気にせず使えますし、軽量安価で洗いやすい優れもの。トランクに一つ入れておこう #36ぐらいのサイズがいいでしょう。ウキや仕掛けだけでなく、お弁当や着替えも入れられます。フタ付きなら不意の雨からがっちりガード
カッパ 防水の軽量雨合羽があれば不意の雨や風、急な冷え込みにも安心。かさばらない軽量のものがお勧め 手持ちのものでもいいですが、新しく購入するなら釣りかアウトドア専用がいいです。できれば透湿素材を選んでね〜快適!
エサ箱
餌屋さんのパックは、エサの保存にはよくありません。風で飛ばされることもありますし余分なゴミになります。自分専用のエサ箱で釣れれば最高! ずばり木製にして下さい。通気性と断熱性が抜群に優れていますので、エサが長生きします。安価なもので充分。餌屋さんでそのまま出せばエサを入れてくれます
魚つかみ
これは欲しいものの一つ。毒魚でも何でも安心して魚がつかめます。アジ釣りには必要ありませんが(笑) たいてい携帯サックが付いているので、クーラーの横にでもぶら下げておくと、すぐ使えて便利だよ
玉網 大きい魚が掛かったときはこれがないとダメ… 長さ5mの柄があれば大体間に合う。高級品は軽くて扱いやすいが高い!財布と相談して〜、網のサイズは45cmで充分
竿ケース 車が横付けできるところならば特に必要ありませんが… 特に高級品は必要ないと思います。遠征するようになれば別ですが〜大は小を兼ねますので迷えば大きめのサイズを

優先度★ 本格志向・凝り性の人なら〜

アイテム 用途 選ぶポイント
ナイフ
魚を締めたり、冷凍オキアミを削ったりするのに使う プロ志向なら一本持っておこう。選ぶコツはナイフコーナーを見てチョ
ピンオンリール
はさみや鈎外しを胸からぶら下げ置くもの。安全ピンで上着に留める 服に傷が付くのが嫌なら、引っかけるタイプもあるよ。ルアーコーナーにいいものがあるから探して〜
フィッシングベスト 七つ道具を入れるポケットがたくさん付いたベスト。ファッションだからお好みでどうぞ 通常市販のものはフライやルアー用を元にデザインされているので、海釣りにはポケットが多すぎて却って使いにくいなぁ。釣りメーカーのものを探してみよう
サングラス
普通のサングラスは意味がない。やはり釣りには偏光グラス!海中が見えるぞ あまりに安価なものは目に悪いのでダメ。眼鏡を掛けている人には、帽子に付けられるものもあります
潮見表 そのうち役立つようになるからいまから見ておこう♪ 釣具屋さん餌屋さんがその地方のものを無料でくれます。もらって頂戴!
専用エサ入れ エビやカニにはそれぞれ専用のエサ入れがあります 別章に詳しく記載していますので、参照して下さい

優先度★★★〜★ 家にあるもので♪

アイテム 用途 TIPS
タオル 云うまでもないかぁ(笑) 一本余分に持っていった方がいい。
帽子
冬は暖かく夏は日差しよけになるので帽子が欲しい。防暑防寒になる。ファンションだからお好きな帽子でどうぞ 夏場はつば広で蒸れないものを〜。盛夏は麦藁帽が最高です。風で飛ぶのであご紐付きがお勧め
お弁当 釣りは案外おなかがすくもの、短時間の釣りでもおやつぐらいはあった方がいい くれぐれも夏場の食中毒には注意!よく冷えたクーラーに入れて置いて頂戴。泣くぞ!
飲料水 釣りはのども渇く。釣れないときはお茶で休憩じゃ 夏場は脱水症状を起こしやすいのでたっぷり水分を補給。冬は魔法瓶で熱いお茶を飲もう〜釣れないときでも気分が和む(笑)
ゴミ袋 コンビニ袋が一番使いやすい。餌屋さんの袋でもいい 風で飛ぶのでクーラーに縛っておくこと
バンドエイド
説明しなくてもいいね 小さい子供さんがいるのなら、携帯用の救急パックを持っていこう
カメラ
いい想い出が作れる。ぜひ持っていって彼女や友達、家族を写して上げよう 流行りのデジカメでもいいけれど、海は気楽に使える使い捨てカメラがお勧め
携帯灰皿 ポイ捨て禁止!喫煙者必携 アウトドア用にお洒落なものあり

忘れ物はないかな?

上記にあげたものには竿やリール、仕掛け(鈎、糸、ウキ、オモリなど)は含まれていません。ですから、肝心なものを忘れてはいけませんぞ(笑)

道具
竿やリールなど釣り道具は、初めは遠慮せずに借りましょう。誘ってくれるような釣り人は、まず余分の竿や道具を持っているものです。船でしたらレンタルしてくれます。仕掛けと呼ばれる鈎や糸は消耗品です。それぞれの釣りに向いた便利な市販仕掛けがあります。仕掛けは高価ではありませんので相談して購入するか、用意してもらって実費を出しましょう。

服装
温暖な季節はスポーティなカジュアルウェアで充分。ジーンズにTシャツ、軽快なアウターの組み合わせでOK。結構汗をかきますので、乾きの早いものを〜。カッパがあれば不意の夕立の時助かります。靴は手持ちの運動靴でいいですが、行く場所によっては釣り専用の長靴が必要。先輩に相談してください。

収納
釣りもアウトドア〜女性や子供は荷物は極力減らしてウェストポーチや小さなリュックにまとめましょう。釣り用のバッカンもなかなか優れもの。携帯電話は防水ポーチに入れておくと安心。

始めのうちは、持っておくものが多いように感じるものです。馴れてくると簡単なのですが、誰でも始めは大変です。チェックリスト、買い物リストを作るようにしましょう。かなり馴れているはずの笑魚ですら、無人島で鈎を忘れたことに気がつき、顔面蒼白になったことがあります(笑) 私の師匠などは、なんとエサを忘れるというドジを踏んだことがことがあります。それもトーナメント会場で〜皆さんもうっかりにご用心(^_^)b