初めての釣具選び

初めての釣具

始めての用品選び

う〜金が掛かる…
釣りにはたくさんの用品が必要〜それだけに費用もかさみますが、竿やリールに較べると長く使えますので、慎重にいいものを手に入れましょう。お気に入りのグッズは、あなたの釣りライフを楽しくさせてくれますからね。

クーラー 長く使えるだけ慎重に〜

まず必要なサイズを決めましょう。一般的な波止釣りで必要なサイズは… メバル、ガシラ、ハゼなど小物用ならば10〜13リットルが軽くていいです。チヌ、スズキでしたら18〜20リットルぐらいは必要になります。

波止釣りのクーラーに関しては、軽くて小型の方が扱いやすいです。必要以上に大きなものは、残念ながら出番が少ないようです(^^;) 体の大きい男性でしたら一度座ってみてください。強度に不安感があるようでしたら避けた方が無難。一流メーカーの釣り用でしたら座ることを前提に作ってありますので頑丈ですが、ホームセンターなどで売っている安いものは強度的に作りがいまひとつ。

本当は釣り場や目的に合わせて、大小二つあると便利です。大きいものは遠出の時の弁当や予備の氷入れにもなります。 中にトレーがあるものが便利です。餌やちょっとした道具や弁当を置けます。フタが固定されておらず、取り外しできるものをお勧めします。洗うときは本当に助かります。

竿ケース 考え方次第〜

竿ケースは好みでいいと思います。磯で使うような頑丈なものは重いですし、軽いものはガードとしての機能はあまり果たしません。結構汚れるものですので、消耗品という考え方もあります。コンパクトな方が車のトランクでかさばりません。長すぎると小さい車では困ることがあります〜注意!近場でしたらルアーマンのようにロッドベルトでくるりと巻くだけで、携行するのもお洒落です。

タックルケース よく考えてみよう

仕掛や小物を入れておくケースです。色々工夫したプラスチック製のものが売られていますが、あまりかっこよくありません。車のトランクに入れておく位にして、釣り場へは、すっきり整理して出かけましょう。実際の釣り場では、そんなにたくさんの仕掛を使わないものです。整理しておくとポケットに入る程度です。ですからクーラーのトレーに入れておくと、移動も素早くできます。道具は減らせば減らすほど楽なのです。ポーチを使うのもいいでしょう。ウェストポーチだと身の回りのものもまとめられます。鈎やオモリは小さな仕分けケースに入れ、ポケットに入れておくと便利です。

笑魚のおすすめはバッカンです。元々は磯の餌入れですが安くて軽く丈夫です。仕掛はもちろんのこと、タオル、弁当、懐中電灯、魔法瓶、着替えなど、なんでも放り込んでおけます。フタ付きでしたら、ちょっとした雨や、水しぶきでも濡れません。バッカンのサイズはcmで表示されています。33,36,40,45とあります。波止でしたら33〜36ぐらいが手頃ですが、ファミリーでしたら、替え着やおやつを入れたりしますから、40ぐらいが余裕があっていいでしょう。

水汲みバケツ なんでもいいようだが…

紐がついていて水を汲むようになっています。サビキ釣りには必要です。ちょっと魚を入れて置いたり、手を洗ったりするのにも便利ですし、汚した釣場を洗い流すには必需品です。何でもいいように思えますが、使ってみるとずいぶん使い勝手に差があるものです。バケツの縁にオモリが仕込まれているものが水がうまく汲めます。お勧めはダイワ製〜丈夫ですし、よく考えられています。