釣りのタックル研究室

全国釣り場巡り

瀬戸内海・家島諸島

今回は、瀬戸内に浮かぶチヌ釣りのメッカ「家島諸島」をご紹介しましょう。神戸から西播にかけて釣りをする人なら、知らない人はいない好釣り場です。阪神間からのアクセスがいいので、手頃な磯釣り場としても人気があります。内海ですから外海のような荒々しい磯ではありませんが、干満の激しい瀬戸内の潮流を釣りこなすのは、それなりに難しく技と潮を読む目が要求される釣り場でもあります。笑魚も磯釣りを始めた頃は、よく通い込みチヌ釣りのイロハを勉強した懐かしいところです。

家島の歴史も紹介しましょう。家島と書いていえしまと読みます。地元の人は、はしょって「えじま」と呼んでいます。兵庫県姫路市の沖合、南西18kmに位置し、東西26.7km、南北18.5kmのエリアに40余島の大小の島が散らばり、瀬戸内海国立公園屈指の景観を織りなしています。島の歴史は古く、古墳や遺物が多く発見され、万葉集にもその名が出てきます。農業と漁業を主な生業とし、良港に恵まれていたことから、特に漁業が発展してきました。昭和22年に瀬戸内海国立公園に編入されされたことをきっかけに、観光地・海洋リゾート地として脚光を集めるようになりました。京阪神地区から日帰りでも楽しめる家島諸島は、観光はもちろんのこと、釣りや海水浴、ヨット、ウィンド・サーフィンをはじめとするマリンスポーツのメッカとして、多くの人達に親しまれています。

全島釣りの島
家島は磯だけでもポイントが500以上あるとされており、足繁く通っている人でも全部のポイントを釣りきったという人は少ないと思います。大小の島が織りなす諸島ですから、それぞれ釣りものに特長があります。チヌのビックトーナメントや、サーフの大会が開催されていることからも、魚影が濃いということはお分かりでしょう。ここでは磯でメバルをやるというのが珍しくありませんし、投げ釣りで良型のアブラメが狙える屈指のポイントもあります。近年はスズキ狙いのルアーマンやアオリイカ狙いの釣り人も多くなりました。日曜日は遊漁船もたくさん出船しています。まさに釣り王国です。

家島諸島は東から男鹿島(たんがじま)・家島本島(いえしま)・坊勢(ぼうぜじま)・西島(にしじま)の大きな4つの島が中心です。

男鹿島
全島採石場です。遠くから見ると削られた山が異様な風景で迫ります。奇観といってもいいかもしれません。採石場ですから、島の周囲は削られた大小の岩が海底に折り重なり、素晴らしい人工の漁礁となっています。当然メバルがいいのですが、実はグレの魚影が非常に濃いのです。30cmちょっとまでなら数が出ます。近場でグレ釣りを勉強したい人ならとてもいいトレーニングになるでしょう。ただし冬場寒の時期は極端に水温が下がる釣り場ですから、寒グレなどと考えてはいけません。適水温の時期を選んで下さい。最近は大阪方面からグレ師がよく通っているようです。夏場は海水浴客が多くなり、民宿や旅館が賑わいます。家族連れならお薦めです。ところでこの島に平日釣行するときは気をつけて下さい。なにしろ採石場ですから、発破をかけたり大きな採石船に石を積み込んだりします。音はするわ、砂煙は飛んでくるわで釣りになりません。渡船の船頭さんの指示に従いましょう。

家島本島
地元の人は単に本島と呼びます。家島の名の由来は神代の昔、瀬戸内海を航海中に立ち寄った天皇が「波静かにして家の中に居るようである」と仰せられ、そこからついたと言われています。つまり天然の良港と云うことですね。家島諸島では最も人の多い島です。この島も全周釣りのポイントと言っていいのですが、フェリー乗り場付近の波止でメバル釣りをのんびり楽しむ人が多いようです。夏場は紀州釣りの人が多くなります。

西島
家島諸島の中で一番大きい島です。また四島の中では一番景観がよい島かも知れません。ここは県立の自然体験施設があり、ちょっとしたアウトドアレジャーの基地になっています。また海上釣り堀もあります。投げ釣り師が、この島の北方面に上がるのをよく見ましたので、投げ釣りによいのかも知れません。※総体、家島の北側海底は砂地が多い。

坊勢島
本島と西島との海峡に、へばりつくように位置している小さな島が坊勢島です。この一体は複雑な地形と急流がつくる好漁場ですから、坊勢島は漁業の島として有名です。事実兵庫県下で1、2位を争うほどの漁獲高を誇ります。釣り船や、海上釣り堀、料理旅館など釣りと海を思い切り楽しめるでしょう。ここの中学校前の一文字と赤バネはメバルのポイントとして、昔から有名です。

笑魚のお薦め
ざっと駆け足で家島をご紹介しました。せっかくですから笑魚のHGも紹介しましょう。長らく行っていませんが(^^;) 地図の一番左、西に位置する院下島が管理人のHGでした。ここはかなり通い込んだところで、チヌは相当釣らせてもらいました。小さな無人島で周囲中がポイントなのですが、季節風がもろに当たるので、寒の時期は東南のポイントに限られてきます。ここの釣り場の面白いのは、潮が速くコマセに釣られてどんどんチヌが浮いてくることです。2ヒロ未満で釣れるのは珍しくありません。良型のグレが出ることもありますが、タナはグレの方が深いという面白い釣り場です。この南側の高羽、金子、小松島も面白いです。独立磯ですから、風景が変わってまさに磯釣りという風情が楽しめます。

ガイド
家島の渡船は夕方日没まで釣らせてくれるので、昼間はチヌ釣り、夕方からメバル釣りという二本立てが面白いでしょう。生きエビを撒くと良型のスズキも寄ってきます。磯や渡船はどうも〜という人はフェリーを利用して下さい。休みは釣り人がぞろぞろ乗り込んでいますよ。なにしろ釣り場が広いので、混み合って釣りにならないということはまずありません。真冬は水温がかなり下がる釣り場ですから、南の小豆島や淡路に移動する釣り人が多くなります〜覚えておいてね。手軽にネーチャーな釣りを楽しみたいのなら、ぜひ家島へどうぞ。都会の味気ない波止釣りとは一味違う感動を与えてくれるでしょう(^^)b

写真は家島町HPさん・サンマリンさんから借用させていただきました。
男鹿島の写真は晩秋人さんのご提供です。ありがとうございました。