釣りのタックル研究室

タックル研究室

B級釣り師の釣り道具

読者の方から、管理人の使っている道具を教えろという趣旨のお便りがありました。道具好きの釣り人ならば、誰しも人の道具には関心があるもの。かくいう私も名人の使う道具を拝見したことが度々あります。そのいずれもが使いやすそうで、その人の釣り哲学が偲ばれるコーディネイトでした。

我が家は貧乏ですから、高級品や最先端の釣り具を揃えているわけではありません。予算と実用性と好みで揃えてきたものばかりですから、皆さんの目を引くような物はないと思いますし、現役のカタログに載っている釣り具もありません。でもたまには人様にご披露すると、彼らも嬉しいはず…(^▽^)b

笑魚の道具箱

磯釣りの道具
手前からチヌ・メバル用0.6号、チヌ・グレ用の1号、グレ用1.5号、マダイ・青物用の2号です。

このうち一番よく使う1号と1.5号はNFTブランドです。NFTはもうずいぶん前にシマノに吸収されたメーカーのブランドですが、往時、磯と云えばNFTで、笑魚が初めて買った磯竿もNFTでした。オジン釣り師には懐かしい名前…。

この竿は買った当時のトーナメントチャンピオンが使っていたことと、仲のよかった店員さんの「よく粘る」という薦めで買ったのですが、軽いだけで今ひとつ切れのない竿です。それにしてもこれの1.5号ではよぅばらしました、竿のせいではありませんが…

張りが強い竿ですので、よく穂先絡みします。チタンガイドのトラブルでクレームを付けたのですが、メーカーの対応が大変よくてシマノが好きになりました。後の2本はマミヤOPのアラミカシリーズです。ちゃりこに取られた1.5号の出来が良かったので、続けて購入したのですが…これらも切れがなく持ちおもりする竿です。2号はいまや太刀魚用に成り下がりました。

リールは手前からシマノのツインパワー、シマノLBのBBX、ダイワのLBです。ツインパワーには1.5号のフロロの道糸を巻いています。Wハンドルに興味があったので購入しましたが、使い勝手は今ひとつで後悔しています。価格の割に綺麗に糸を巻けないリールです。BBXはさすがシマノの誇る最高級品、素晴らしいリールです。もう古い機種ですので、機構が改良された新型が欲しいのですが…

替えスプールには1.8,2.2,2.5号ナイロンを巻いています。奥のダイワLBには2.5号を巻いています。大物狙いで太糸を巻くこともあります。ツイストバスターが搭載されたとき飛びついて買いましたが、確かに効能に嘘はありませんでしたね。ジルコニアのスプールに交換しましたが、このスプールは優れものです。このリールのキャンペーンポスターには私の顔が小さく出ました。どっかの釣具屋さんの壁で見た方もおられるかも(笑)

波止釣りの道具
手前からチヌ・スズキ用ダイコー1号5m、メバルなど小物用のシマノ1号3.9m、チョイ投げ用シマノバスロッドです。

ダイコーの竿は某誌の正月読者プレゼントで、なんと特賞でもらった竿です。なにげなく出したはがきがお年玉に化けてびっくり!どこかのサイトの切り番プレゼントとは大違い(笑) どんくさい作りですが、とてもいい調子の竿でお気に入りです。柔らかいのですがためがきき、細ハリスを生かしてくれる竿です。私のスズキの最長記録はこいつが保持しています。穂先絡みがとても少ないので夜釣りの友です。

バーゲンで買ったシマノの3.9mは短く軽量で扱いやすいので、最近は出番が多くなりました。波止ではハリスを長く取らないので、短めが使いやすいですね。シマノらしからぬダイワっぽい調子で気に入っています。カーボンの純度が低いのでしょう。バスロッドとベイトリールのセットは年下の友人からもらった物です。ルアーをやらない笑魚にはちょっともったいないですが、チョイ投げに便利です。

いま一番お気に入りのリールが、手前のシマノトラウト用浅溝リースです。リアドラグにもかかわらず効きはスムーズです。浅溝ですので1.8号が70mばかり巻けます。波止ですからこれで充分。150m巻きから2回分取れますので、しょっちゅう巻き替える管理人には経済的。いまは夜釣りによく見える白いナイロン糸を巻いています。

探り釣り・筏釣りの道具
最近はウキ釣りよりもヘチを攻める短竿に凝っています。筏とも共用しています。手前から日新筏1.6m、シマノ筏中硬2.1mです。日新の竿はクラシックな竹の握りが気に入って買ったのですが、ちょっと腰が弱いかな。波止用に固めの替え穂先を自作しました。シマノの竿はミャク釣りにも使えるよう穂先を数センチ詰め、わざと感度を落としています。リールシートもスズキの引きに対抗できるよう、取り付け位置を前方にずらし、チタンシートに交換しています。とりあえず私には使いやすい竿で気に入っています。

手前のリールは、シマノの人気商品カルカッタの超小型TX51左巻きです。ルアー用ですので使いにくいところもあるのですが、美しい仕上げと小振りなところが気に入っています。小さいながらも大きい魚の強引にも、スムーズなドラグ性能を発揮してくれるのは、さすがシマノです。奥は筏師に人気のあるダイワバイキングミニです。イカダ用の両軸リールよりシンプルで、太鼓リールよりは扱いやすい中庸な所がいいですね。スプールフリーが軽いところも魅力です。

沖釣りの道具
付き合い以外、滅多に船には乗らないのですが、とりあえず道具を持っています。ちゃりこのものと合わせて紹介します。

手前からリョービ20号、マミヤ30号、ダイワのグラシック50号、マミヤの50号です。マミヤの50号は、ムーチングアクションで真っ赤なロッドとコルクシートの組み合わせがクール、ちゃりこのお気に入りです。50号とは思えない柔らかさなのですが、オモリを掛けるとしっかり受け止める不思議な竿です。名門オリンピックブランドが消え去る前に発売された商品で、ロートル笑魚には寂しい限り…

ダイワの50号は、カーボンとグラスがハイブリッドされた置き竿調子の竿です。手持ちでやると胴に乗ってくる感じがとてもいい竿です。ダブルラップされた傾斜ガイドや質感のある塗装など、ダイワらしい丁寧な作りが気に入っています。4本とも乗合船でもたつかないよう、長さは2.4〜2.7mと短めにまとめています。

リールは手前からアンバサダー4600、左巻きの4601、リョービの船用50と60です。4601はオプションのパワーハンドルを付けています。ジギングは年齢的に無理ですが(笑)。リョービのリールは普及品ですが、ハイテクすぎる現在のリールより機能もシンプル、形もトラッドで好きです。DやSにないコンセプトが面白い会社だったんですが、残念です。ラインはそれぞれPEの3〜5号を巻いています。

サポートしてくれる道具
手前から笑魚のマキエミキサー、阿波の名人作でとても使い勝手がいいものです。つぎはちゃりこのマキエ杓で、同じ名人作で近投用。次もちゃりこの杓で遠投用、ヨーヅリの杓でなかなか飛ぶようです。次の二本は笑魚の杓です。手前はスペアで、これも阿波の名人作。次はシマノの遠投用です。ちょっと握り勝手が合わず使い勝手は今ひとつ。海に流してしまった以前の杓は素晴らしかったのですが…

玉網の柄は二本あります。手前は磯用で6m、リョービにしてはとてもナイス。長尺ですが、とても軽量でだれがありませんし、すっと伸びてくれます。隣は波止用日新の5mです。超軽量ですが使用感は…という代物です、ハハハ。

紹介した道具達は、いま現役で楽しませてもらっている道具達で、ここに出ていないものや人にあげた竿やリールもたくさんあります。色々使ってみると、メーカーそれぞれに特色があって面白いです。自然と自分の嗜好に合った物を選ぶようになりますね。

ちゃりこの道具箱

ウキ釣りの道具
右はマミヤのアラミカ1.5号5m、ここ一発の時に頼もしい奴です(返してくれ〜)、操作性が良く腰がとても強いグレ調子です。隣はダイワの2号、頑丈なチュブーラー穂先で、やや胴に乗る調子で、ダイワらしい綺麗なカーブを描く竿です。4.8mと短いので、持った感じは軽く1号感覚です。長くカタログに載っていましたから、ダイワのヒット商品ではないでしょうか。

右のリールはリョービ製、とてもコンパクトですが2号が150m巻けます。シマノほどの回転性能はありませんが、使い勝手は良好。隣はちゃりこが白いところを気に入って、購入したシマノのバイオマスター、売れ筋商品らしく価格の割には素晴らしい回転性能です。

ちゃりこのコメント
  1. 磯竿1.5号
    笑魚のお古ですが、一番のお気に入りです。磯に行くときはいつもこれ。掛け合わせた瞬間の手応えが一番気持ちのいい竿です。反撥力が強いので、竿を立てているだけで魚が上がってきます。この竿がのされるほどの大物を掛けたことはありませんが…ホホッ
  2. 2号磯竿
    短く軽い万能竿で出番も一番多いです。オモリものるので、波止のチョイ投げやタチウオ釣りにも活躍。穂先が絡みにくいので夜釣りもこの竿を使っています。磯からのコロダイもこれで釣りました。
探り釣りの道具
手前2本はテトラ竿、並べてのズボ釣りや足元への捨て竿に使います。一見短く筏竿風ですが波にもまれるテトラの使用を考慮して、とてもオモリが乗るのが特長です。

リールは定番中の定番シマノのデミ、安価ですが結構使えます。奥はリョービのヘチ竿2.1m、専用品ですから操作性がよく胴に張りがあります。ミニクロガイドが筏竿より大き目で、仕掛けが早く落ちるように考えられています。リールはこれもリョービのクラッチ付き筏リール、チヌリールにしては珍しく左巻き兼用型です。いいリールですがちょっと凝りすぎの感があります。リョービというメーカーは落とし込みやこの手の釣り竿、リールのバリエーションが多いユニークなメーカーでしたが…残念ですね。

ちゃりこのコメント
  1. へち竿
    長さもちょうどいいですしスリムでツヤ消しのメタリック、カッコイイ竿です。
  2. 竿に関して
    竿は持ったときにシャンとしたヤツが好きです。釣りを始めた頃お店で「この竿いい感じ」と思った竿は、ほとんどがNFTの竿でしたね(^^)
ズボ釣りの道具
3本とも関西名物、置き竿中層狙いでスズキのアタリを待つズボ釣り専用竿です。穂先でアタリを取るため非常に敏感な極先調子です。置き竿しやすいよう2.4mと短いのも特長。マミヤが堺方面からのオーダーに応えて地域限定販売したようで、カタログには載っていない異色の竿です。並継ぎというのも面白い。

両軸リールとの相性がいいのですが、器用でないちゃりこに合わせて小型スピニングを付けています。手前はちゃりこお気に入りのシマノのリアドラグ1000番、後の二つはおそらく日本最小の小型リール、ダイワのスピンマチック2号50m巻きです。トラウト用でしょうね。小さいけれどもしっかりした作りです。繊細なアタリを表現するこの竿達は、アナゴ狙いのチョイ投げにも活躍してくれています。

投げ釣りの道具
手前はなぜか?シマノのかかり竿4号4.5mにでかいシマノ6000番がセットされています。元々カゴ釣り用に購入しました。カゴ釣りは長く固い磯竿を使うのですが、ちゃりこでは振り切れないと思い工夫したのです。しかしこれでも振り切れませんでした、ハハハ。そのうち釣り堀で役立つかも知れません。

奥2本はまともなマミヤの投げ竿、27号4.2mと標準的です。普及品ですが作りは丁寧です。付いているリールは投げリールではなく、ダイワのクラッチ付き大型リールです。本来、鯉やブッコミの磯用でアタリに応じて糸が出る仕組みが、置き竿に威力を発揮してくれます。紀州の地磯で大物を狙う夜釣りに備えて、太めのPEを巻いています。

ちゃりこのコメント
  1. 投げ竿
    笑魚はよくお土産を買ってきてくれます。色々なお土産の中でも一番ビックリしたのは投げ竿でした(^^;) リールはどうすんの〜?投げ釣りの場合、同じ物がもう1セット必要ということですぐに購入しましたが、購入したとたん竿のメーカーが釣り業界から撤退とのニュース。間に合って良かったなぁ。
  2. 4号かかり竿
    釣りを始めて1年目、和歌山のスーパー波止に行ったときのこと。皆さん良型のマダイ・スズキ・ハマチなどをポンポン釣り上げています。目を丸くしてその光景を見ておりましたら、大物を釣っている人は皆カゴ釣り仕掛けでした。「カゴ釣り=大物が釣れる」と自分に都合よくインプットした私は、カゴ釣りをする!とこの竿を購入しましたが、半日もせずギブアップ〜(^^;) 仕掛けやカゴを付けると重くて重くて〜ポイントにも入らんし…。今では磯のズボ釣りや投げ釣りなどに幅広く、たま〜に出番があるだけです(^^)

いかがでしたか。皆さんもお気に入りの釣り具をお披露目しませんか。ぜひBBSへ投稿してください(^^)b