釣りのタックル研究室

タックル研究室

アイデアグッズが面白い

面白そうな釣りグッズをウォチングしてみました(^^)b

マナーCAN【吸いがらポイポイ】 GREX

メーカーコメント
糸くず同様にタバコの吸いがらも釣り場では無造作に捨てられています。ステンレス製のカワイイ吸がら入れ。中に少量の水(釣り座の高い所は、無理をせずお茶やジュースを少量入れてもOK)を入れて使います。横に倒れても真ん中一穴なので汁がこぼれることはありません。

  1. 本品をバッカン(磯釣り、マキエ釣り)やベルト(ルアー釣り、堤防釣り)に付けてご使用ください。
  2. 本品には少量の水(海水)を、5ミリ程度入れてお使いください。
  3. フタをしっかり締めて下さい。真ん中一つ穴なので、横にしても水はこぼれません。
  4. 収納した吸いがらは、必ず「燃えるゴミ」としてゴミ箱もしくは所定のゴミとしてお出しください。
  5. アイテム:@1500

笑魚から一言
磯釣り師御用達ウキメーカーGREXの吸い殻入れ。笑魚も昔この形のものを自作したことがありますが、錆びないステンレス缶を改造するのは結構大変でした(固い…)。アウトドア用のものはちょっと小さすぎて釣りには向いていませんが、このサイズなら糸くず入れにもなってバッチリですよ(^^)b

松田稔オリジナルグッズ【ガン次郎】

メーカーコメント
天然ゴムオールコーティングで釣果に差がつく!(ラインが、ガン玉のセンターで固定されるため、仕掛けのヨレやカラミを防止できます)黒:水中で光らず目立たない。赤:違和感なく魚が好む。茶:磯、海藻に溶け込む。緑:春の海に溶け込む。青:秋から冬の海に溶け込む。桃:マキエのオキアミに溶け込む。黄:渓流などでも集魚効果を発揮。
※各アイテム:4B〜G4まで8種7色@400/お試し8アイテムケース入り@1500

笑魚から一言
ゴム張りガン玉は昔から愛用していたけれど、これはより進化してコーティングになっているから見た目もすっきり、ラインがセンターを通るというのも精度の高さの表れでとてもいい。安くないけど繰り返し使えるし、環境にも優しい。優れものです。

うきうきスーちゃん

メーカーコメント

  • うき本体の中央に縦溝を彫ることにより、安定した波乗りと鋭い感度を実現。(特許出願中)
  • 水中のフロートの浮力でウネリや波、さらしに同調しうきのトップとフロートの喫水位置が常に一定のため、トップの視認性が抜群です。
  • 縦溝の効果で、潮流からそれることなく快適に釣りが楽しめます。
  • 斬新なスタイルに美しい木目、木製本格手作りの高級感。2000年度グッドデザイン賞を受賞しました。
  • 通販:送料全国統一300円/5000円以上送料無料

笑魚から一言
円すいウキで溝付というのは見たことがあるけれど、棒ウキでは珍しいね。見た目よりは合理的なフォルムだから潮のりはいいはず。マダイ釣りやアオリイカ釣りにいいと思うが、高感度のチヌバリエーションもある。いずれにせよ個性的でとても面白いウキだ〜頑張って欲しい!

チタン製鈎外し・ガン玉外し SIMANO

メーカーコメント
鈎外し/使い勝手を追求した超軽量の純チタン製 φ7×85mm
ガン玉外し/ガン玉をかかせない磯釣りの必需品 φ7×50mm
※各アイテム:素材:純チタン@2000

笑魚から一言
シマノというのは大メーカーなんだけど、時々こういう遊び心のあるものを出してくるね〜これは以前、どっかの鉄工所が作っていたものだと思うけれどOEMでもしたのかな?ガン玉外しは磯だけでなく落とし込みや通常の釣りでも使うから、使い方のコツさえ呑み込めば便利だと思う。二つとも材質がチタンだからアルミと違って錆びないし、ステンレスよりグンと軽いから、ピンオンリールで胸からぶら下げていても気にならないはず。アクセサリーにこだわる人なら、お薦めしたいお洒落な一品!

黒鯛工房ピンオンリール

メーカーコメント
黒房工房のピンオンリール、ここまでこだわりました。落し込みリールのシルエットを忠実に再現。アルミを機械加工で削りだした逸品。

  1. ダブルクリップタイプ
  2. 丈夫なカールコード採用
  3. 天然強化木ハンドルノブ
  4. 各アイテム:チタンカラー/ゴールド2色あり・いずれも@3100

笑魚から一言
ぬぬぬ…笑っちゃいけないと思わせる超レアグッズ!ここまでこだわったと言うより、ここまでやるかぁと言うべきでしょう。見た目はディティールまで正確に再現されたミニチュアで、なかなか可愛い。Wクリップタイプだから実用性も充分。光り輝く太鼓リールを胸に付けて、仲間の注目を引くか!笑いをとるか!それはあなたのお好み♪

世界初!ドラグチェッカー BOUZ.net

メーカーコメント
従来、ドラグの設定又は竿のたわみ負荷を調べるには、竿先に出たラインの先に棒バネ秤を掛け、計測することが一般的でした。しかし、この方法では秤の位置が竿を持つ人から遠い為、目盛を読むには他の人の力を借りる必要がありました。 特に、実釣時に頻繁に発生するドラグ設定は経験と感を頼りにするしかありませんでした。

ドラグチェッカーは、釣り竿にリール・仕掛けをすべてセットしたまま、ラインに何ら加工することなく、手元でのドラグ計測を可能とし、計測値を記憶する置き針機能があるので、竿先から出たラインの張力・竿の曲がり負荷など、1人で計測することが可能となり、リール・竿・ラインの性能を十分に得る為の機能を充実させています。 ※全国取扱店で販売中

笑魚から一言
従来はバネ秤でやっていたけど、一人でできないから実用的じゃなかったね。これなら一人でできるし、おまけにラインや結び目の強度の計測・魚の重量計測もできる。ずばり優れものじゃ!

大きい目盛りを使いなさい

メジャーなメジャー
大物を写真で記録しておくときに必要なモノがメジャー。とくに放流する方には必需品です。しかしあの目盛りは、ホームページの画像ではまず読みとるのが大変です。この件で、読者の方から貴重な情報が寄せられたので、転載しておくことにしました。お役に立つかと思います。

名古屋のgoofishさんから情報

以下原文のまま
写真のメジャーは、釣具屋で購入しようと思っていたのと同じようなのがホームセンターで何と¥600-位で購入できました。柔らかい素材で、くるくる巻くとたばこと同じくらいの大きさに巻けます。ご参考までに。

大阪のeastFさんから情報

以下原文のまま
gooさんが見つけた大きな目盛のメジャーが欲しくて、Webを探してみました。検索キーワードに苦労しながらいろいろ探した結果、この大きなメモリのメジャーは業界用語で「標尺」と言われる物で、土木工事の際の測量のときのツールだと言う事がわかりました。皆さんも、大きな棒状の目盛を立てたのをちょっと離れたところから、小さな望遠鏡のようなもので覗き込んでいる測量風景に心当たりがあるかと思います。

急がれる方は検索サイトで「標尺」でサーチすると販売しているサイトが見つかります。アルミの板状のもの、布製の巻けるもの、メジャーのようになったものといろいろなものが見つかります。ホームセンターで探される際も「標尺が欲しい」と尋ねると話が通じやすいと思います。