DIYホビー専科

釣りのDIY

ブログ始めませんか

日本人ほど日記の好きな国民はいないと云われます。古くは古典の時間にいやいや読まされた(笑)土佐日記や更級日記から、最近ではタレント発信のブログが大人気ですね。日記というものは本来プライベートなもので心に秘めた想いを書くものですが、ブログはコミュニティをも可能とするハイパー日記です。もっとも笑魚のブログ「お隣はサイダーハウス」のように、誰も見てくれなくてもただ自己満足、あるいは覚え書きとして、はたまたボケ防止(爆)として、綴るということも個人の自由です。

ブログってなに?

情報化時代を生き抜く若い読者の方ならもちろんご存じでしょうが、釣り以外のことはさっぱりという方のために少し説明しておきましょう。※以下gooBLOGより抜粋

「ブログ」とは「ウェブログ(weblog)」を略した言葉で、「Web上に残される記録」というような意味を持ちます。ブログの歴史や厳密な定義には諸説ありますが、現在では「継続して更新され続けるWebページ」なら、どんなものでもブログだと考えていいでしょう。ブログの中には、高度な社会問題などを扱ったジャーナリスティックなものから、興味のあるニュースに独自の論評を加えるもの、個人的な日記やエッセイ、カメラつき携帯電話で撮った写真を載せたもの(これを「モブログ」――「モバイル」+「ブログ」の略――と呼びます)など、さまざまなテーマ、内容のものがあります。

ブログとホームページの違いとは?

専門的なことはさしおいて、近年大人気のブログと、従来情報発信の手段であったホームページとの違いを、ざっと比較してみましょう。
※正確にはブログもホームページです。個人でブログを一から構築(サーバーにプログラムをインストール)するのは大変なスキルを要求されますが、ここでは読者がわかりやすいよう、プロバイダ等が顧客のために提供している簡単ブログサービスをブログと呼ぶことにします。

ブログのよいところ
  1. ページを自動作成してくれるので、テキスト入力だけで簡単に作られる。
  2. 時系列的に並べてくれるので、日記を作るのにはとても便利。
  3. カテゴリー分けできるので、趣味と日記、観戦記など自在に分類できる。
  4. 画像アップ機能があるので、簡単に写真を掲載できる。
  5. リンクやFTPなどの知識がなくても、すぐに始められるサービスが用意されている。
  6. 書いた文章に対して、掲示板のように他人がコメントを付けたり、引用先を教えてくれるトラックバックというブログ特有の機能がある。
  7. プロバイダは各種のデザインプレートを用意しているので、自分の気に入ったデザインでブログを始めることができる。後で変えることも簡単に可能。

    要するに、マウスとキーボードが使えれば、今日からOK♪

ブログの苦手なところ
  1. 従来型のホームページは、スキルさえあれば好きなように編集できるが、ブログはまずできないと初心者は思っていた方がよい。
  2. テンプレートに依存するので、どのページをめくっても同じ表情(デザイン)となる。分類毎にデザインを変えるなどはまず不可能。
  3. 大量に過去の記事が溜まってくると、煩雑かつアクセスもしにくくなる。
  4. プロバイダにもよるが、スパムコメント(うっとおしい勧誘など)が大変わずらわしい。
  5. タグを手打ちで打てるぐらいのスキルがあれば、かなりのカスタマイズが可能で上記の欠点は大幅に改善されるが、そのような方はこのページを読まないはず(爆)

要するに、文字を打って写真を貼る、コメントをやりとりするだけなら充分。

ブログにはどんなメリットがあるの?

う〜ん、難しいところです。企業ならビジネス活動支援とか、商品販売など、さまざまな理由が考えられますが、個人なら自己満足としか云いようがありません。もちろん仲間達あるいはネットで知り合った人達との情報交換や交流と云うことも考えられます。自己満足というと軽く聞こえますが、生き甲斐は人生を楽しく過ごすために一番必要なものです。お年寄りのブログが最近多くなったのは、日々の日記を通じて自己を充足させる時間が得られるからでしょう。

巷に溢れている個人ブログを散見すると、大きくは三つに分かれると思います。ひとつは時系列に日々の出来事を綴る日記スタイルのもの、特にジャンルはなく家族のこと、旅行、ペット、グルメ、趣味のことなどを日替わり的に掲載するのが特徴で、一番多いですね。書きやすく文章力のある人ならば、読んでいても結構面白いものがあります。情報発信力は期待できないので、どちらかといえばアクセスは期待できませんが、友人同士のコミュニティの場として活用されていることも多いようです。

次はホビー系やDIY系のブログです。これらはブログのテーマがはっきりしていることが特徴です。好きな趣味をことを書いているので、好きこそものの上手なれ、中には下手な専門サイトより中身が充実しているものがあります。ジャンル(PCから漫画、焼酎、俳句まで星の数ほど)によって異なりますが、各種のレビューやアドバイス、辛口評論など、読み応え満載のブログが一杯です。道場管理人のちゃりこはカクテルを中心テーマに「ちゃりこの酔待草」をやっています。参考になるでしょうか。

最後は、同行の士募る、あるいは応援系です。これもテーマが収斂されています。サッカーのサポートやタレント応援、ボランティア支援などが上げられます。目的が明快なため、ネットを通じて仲間を集めるのには最適でしょう。日々の活動がダイレクトにブログにリンクされるので、お金のかからない告知手段として、とても有効です。

釣りのブログを始めよう

さて本題です。あなたが釣りをするなら、そして書き物が好きでデジカメにも興味があるなら、ぜひブログを立ち上げましょう。釣りとブログは相性がいいのです。始めるとどんなメリットがあるのでしょう?

  1. 必ず釣り日記を付けている人がいます。場所、潮回り、季節というのは、かなりの相関性があって、ちょっとしたメモ程度でも付けておくと、後でたいへん役立つのです。シンク・ザ・フィッシング、下手な入門書を読むより、釣りのレベルが上がりますよ。
  2. 釣り人というのは釣り馬鹿という単語があるぐらい、バカです(爆) せっかくあちらこちらへ行っても思い出すのは空のクーラーと、速度違反の切符だけというのは、淋しい限り。想い出作りのために、その日の釣りや出来事をブログで綴っておきましょう。時間が経って読み返してみると、ちょっぴり懐かしくなるものです。
  3. 趣味は必ず仲間を作ります。現に管理人もネットで知り合った有徳?の士がたくさんおられます。仕事を離れて好きなことを語り合うのも、日々のよき時間です。
  4. ブログを始めたら情報発信をする立場になります。簡単なブログといえども、更新を続けるのは大変です。色々なネタ探しや日本語を磨く、写真術を学ぶなど、頭がずいぶん活性化されるはず。ネットを知らずして21世紀は生き抜けません。趣味を通じて学びましょう。

ブログを始めるなら…

この記事を読んでブログを始めようと思ったノリのいいあなたへ、細く長く続けるためのアドバイスをちょっぴり。必ずやお役に立つはずですので、しっかり読んで下さい。

  1. メインのテーマをしっかり決めよう。
    釣りなら釣り、日記なら日記、自分の好きなこと、書いていて苦にならないもの、1年先でもネタを充足し続けられるものを書くべきです。でないと苦痛になります。
  2. 筆下手でもいい。
    文章が下手でも一生懸命書いてあるものは好感が持てるものです。粋な言葉遣いよりも、誰が読んでも理解できるよう、丁寧明快に書くことが一番大事です。長い文章より短い文章で構いません。ネットで一番大事なものはわかりやすさと継続性です。
  3. 写真を活用しよう。
    ブロードバンド時代を迎えて、データ容量の制約は随分少なくなりました。昨今のデジカメの性能は素晴らしく、画像処理を加えなくても充分閲覧できます。たいていのブログは画像サイズを自動処理しますが、スキルをお持ちなら200〜480pxぐらいの大きめの画像で、掲載して下さい。サイトの魅力がどんとアップするはずです。
  4. 釣れた釣れないだけの釣行記は魅力不足
    本当を云えば他人の釣行記など、本人が思っているほど面白くないのです。釣った釣れなかっただけでなく、地域風土や名物船頭さんの紹介、おいしんぼう記事、愉快な仲間のエピソードなど、いろいろバラエティに富むよう工夫して下さい。
  5. ブログサービスは選ぶこと
    現在、多くの情報企業が無料ブログサービスをやっています。最近ではかなりレベルが上がってきましたが、それでもセキュリティが甘い、スパム対策がずさん、デザインが貧相、広告スペースがやたら大きい、ガイドが不親切で分かりにくいなど、色々問題のあるところが少なくありません。ここはダメ!と名指しで書くのも問題があると思いますので、みなさん評判のよいところを選ぶようにして下さい。後でデータの移行はまず無理と考えておいた方がよいので、くれぐれも慎重に。筆者のお薦めはロリポップがやっているJUGEMです。ここは文句なしにいいですね。痒いところに手が届いています。
  6. アクセス数にこだわらないこと
    始めたからにはたくさんの人に見てもらいたい…それが人情です。しかし、タレントさんならともかく、いきなりアクセス数が期待できるわけでもありません。アクセス数などより、自分が満足できるブログ、いつ読み返しても想い出が蘇るような自分のためのブログを作って下さい。
  7. アフィリエイト広告は辞めなさい
    お小遣いの足しになったらと、やたら広告バナーを貼っているブログを見ますが、ページがうっとしく評価が下がるだけなので、辞めましょう。バナーでお小遣いが稼げるのは最低1日1万アクセスが必要ですし、それなりにハウツーも必要です。1日10万アクセスを達成する自信があるならともかく、バナーを貼りまくる閑があるなら本業にいそしみましょう。

最後に…

ブログが完成したら、道場姉妹サイト「日本の釣り」にぜひ登録して下さい。アクセスアップのお役に立つはずです。