クッキング読本

魚料理読本

魚deア・ラ・カルト

新しいレシピに挑戦したい、新しい食べ方を発見したい!というリクエストもいただいてますので、今回はうちにある料理本からチョイスしたレシピをご紹介します。

作ってみよう!と思ってはいるのですが、魚の量が足りなかったり(これが一番多い…)お刺身などで食べてしまったりで、なかなか実行できません。うちではせっかくのレシピも日の目を見ることがありませんから、ぜひご家庭で作ってみてください。波止で釣れる魚と身近な材料で作れるものを選んでみました。

イワシのオーブン焼き 集英社「センスアップ魚介料理」より

材料4人分
イワシ小12尾程度・パン粉・パセリ・にんにく・オリーブ油・バター

イワシのウロコ・頭・内臓を取り、流水で血合いや汚れを洗い、水気を拭きます。

指で腹を開き中骨に沿って身をはがして手開きにし、両面に塩・コショウを振ります。

衣を作ります。バットに、パン粉カップ1とニンニクのみじん切り大さじ2、パセリのみじん切り大さじ4を入れ、よく混ぜ合わせます。

バットにイワシを1尾ずつ入れて、両面にたっぷりと衣をまぶします。手で押さえつけるとパン粉の歯触りが悪くなるので、全体にふんわりと付けてくださいね。

グラタン皿にバター大さじ1を塗り、衣を付けたイワシを並べます。その上から残った衣を表面全体にかけ、その上からオリーブ油大さじ2を全体にかけます。

バター大さじ2をところどころにのせ、200度に熱したオーブンで、こんがりと焼き色が付くまで20〜25分焼きます。熱いうちにレモン汁をかけてどうぞ♪

アジのトマト煮 集英社「センスアップ魚介料理」より

材料4人分
中アジ8尾程度・ピクルス4本・にんにく1片・タマネギ1個・ハム4枚・粒マスタード大さじ2・小麦粉・サラダ油・オリーブ油・トマト水煮缶500g

アジのウロコ・頭・内臓・ゼイゴを取り、流水で汚れを洗って水気を拭きます。

アジの腹の中に粒マスタードをぬり、薄切りにしたピクルスをはさみます。

アジの皮目に塩・コショウをし、小麦粉を薄くつけます。フライパンを熱し、サラダ油大さじ2をなじませてから、アジを入れて両面をサッと焼きます。

にんにく・タマネギはみじん切り、ハムは粗みじん切りにします。平鍋を熱してオリーブ油大さじ1をなじませ、にんにく・タマネギを炒めます。

にんにく・タマネギがしんなりしたら、ハムを加えて炒めます。更にトマトの水煮を缶汁ごと加え、木べらで潰しながら混ぜ合わせて塩・コショウで調味します。

上記のトマトソースが煮立ったら、焼いたアジを加えて中火で15分ほど煮込みます。先にアジを取りだし、そのあとソースを少し煮詰めます。

器にアジを並べ、上からソースをかけてバジルの葉を飾ります。バジルはなくてもいいけど、あるとイタリアンぽくてちょっとおしゃれ(^^)

アイナメの木の芽焼 主婦と生活社「和食のおかず」より

材料4人分
アイナメ2〜4尾程度(400g)酒・みりん・薄口しょう油・だし汁・木の芽20〜30枚

アイナメのウロコ・エラ・内臓を取り、3枚におろして、腹骨をすき取ります。

皮目を下にして置き、端から2ミリ間隔で細かく切れ目を入れます。これを骨切りといいます。ハモと同じね(^^) 皮は切らないように注意してください。

大きいアイナメは片身を半分〜3等分にし、小さいのはそのまま調理します。表面に軽く塩をふります。

ボウルに、だし汁大さじ3・酒大さじ4・みりん大さじ1/2・薄口しょう油大さじ1と1/2を入れて軽く混ぜ合わせ、タレを作っておきます。

アイナメを焼きます。身の方から焼き、身が乾いたらひっくり返します(八分焼き)。

タレをハケで2〜3回ぬり重ねながら、うっすらと色づくくらいに焼き上げます。皮側から焼くと身が丸まって、うまく焼けませんからご注意ください。

器に盛り、包丁であらく叩いた木の芽をふりかけます。ハジカミなどを添えると見た目もいいですね。他の魚にも応用できると思います(^^)b