笑魚のB級コラム

B級コラム

上から更新順

真説・釣りの常用句

釣り師にはキャッチフレーズが似合う♪ 今日はちょっと面白いキャッチを色々考えてみた。著作権は放棄しているので、「これはピッタリ!」というものがあったら、使ってみてちょうだい(^◇^;)b

3年タモいらず

ボーナスをはたいて買った某社製超高級ダモを、なかなか使うチャンスに恵まれない悲しくも下手な釣り人を指す…

タモ入れ専門

上記常用句のバリエーション。人の魚ばかりすくい、自分はついにタモを使うチャンスがない悲しい釣り人のこと。

歌って踊れる釣り師

総体、釣り師に宴会上手は少ないが、たまに「若い頃、ジャニース事務所にでもおったんやろか?」というような釣り師に出会うことがある。地味な釣り界にあって、こういう貴重な人材は大事にしたい(^^;)

黒鯛がのってます

家族より…仕事より…釣りが大事な人が愛車に貼るステッカー。「グレがのっています」とか「石鯛がのっています」というバリエーションもあるらしい。

潮下歓迎釣座死守

フカセ釣りを覚え始めた釣り師が連発するフレーズ。もちろん人格が形成されている管理人には無縁な言葉である(…とおもう)

マズメの鬼

魚は朝マズメ夕マズメしか釣れないと思っている釣り師。ベテランに多い。

馬子にもステラ

万年B級釣り師が、清水の舞台から3回転半ひねりで飛び込んで買った某社製超高級リールのことらしい?

風林火山

「釣果情報を聞き込むこと風のごとく、休日をじっと待つこと林のごとく、釣った魚を自慢すること火のごとく、釣り座を死守すること山のごとし」希代の釣り師、山本勘助が残した言葉と聞く…

放流賛成りりーす御免

黒鯛の放流ニュースを聞いて、なんとなく心が温かくなること。小さな黒鯛をしっかりキープして、もっと心が温かくなること。

松山三年波止八年

松田名人や山元名人でも、トーナメントで勝つまで3年かかった〜いっぱしの波止釣り師になるには8年辛抱せよ、という有り難い教え(^∧^)

大潮が呼ぶ!

「るんるん♪」釣行準備を、嫁にきっちり咎められた釣り師が、言い訳をするときの常用句。その他「わしの金じゃ!」と開き直ったり、「趣味はこれだけや・・」と泣き落としをかけるなど、全国でさまざまなバリエーションがあると聞く。

クーラー無用

「小便無用」と書いてあっても立ちションに全く効き目がない…ということからひらめいて、クーラーに貼れば逆に御利益があるかも!と、全国で流行中のステッカー(ご注文は海釣り道場へ)

向上放棄鮮度保持

下手な腕前には早く見切りをつけ、釣った魚の鮮度に関心を払え!という悲しい警句

女心と秋の磯

うつろいやすい状況を嘆く常用句。とてもよく使われる…

師匠送迎釣友撃破

「師匠は心よりうやまい、ライバルは蹴り落とせ」という日本古来の釣り道精神を謳った名言。

楽釣他力本願

大名釣りに代表されるお気楽な釣り。会社の上司、嫁、恋人、舅などを、日曜日の釣りに連れていく釣り師によく使われるフレーズ。

坊主街道お先にご免

休日の夕方、伊豆半島や紀伊半島の海沿い国道を走るマイカーのウィンドーによく貼られていると聞く。意味は不明…