笑魚のB級コラム

B級コラム

上から更新順

優雅な釣り人

磯釣りへ始めてチャレンジした読者の記事を読んで、微笑ましく想うと同時に、ちょっと昔のことを思い出した。波止釣りと違って、磯釣りはけっこうドキュメントな想い出が多くて、思い出すたびに笑ってしまう。いくつかはこのコラムでも書いたが、今日はちょっと、釣りに対する価値観を揺さぶられた話を書いてみたい(^^)b

舞台は再三、このコラムでも登場したあの若狭舞鶴田井である。もうずいぶん昔で、グレ釣りにうつつを抜かしていた頃の話だ。その日は夏の暑い盛りで、ちゃりこを実家に残し、私一人の渡礁であった。舞鶴田井といえば、90cm級のマダイを狙えるローデの鼻、グレ狙いの大グリ小グリという若狭を代表する名礁が有名だが、これらの磯は人気があるので予約制である。幸いその日は、夏場の暇な時期だったので、大グリを予約することができた。A級磯に上がれるとなると、前日から身も心もハイになる。

「一にぽいんとぉ〜二にすいお〜ん三四が抜けてぇ五にうでよぉ〜♪」明日の釣果を夢見ながら、鼻歌交じりで、リールの糸の巻き替えするときが、釣り師にとって一番楽しいときかも知れない。写真左が大グリ、右が小グリである。いずれ劣らぬポイントだが、グレ狙いには小グリに人気があるか。総体若狭の釣場はおっとりとした潮だが、ここは沖磯らしく押し出しの強い潮が流れるのがいい。
※写真は畑山渡船さんから借用しました

磯釣りは安全確保という面からか、太平洋方面ではたいてい夜明けと共に渡礁というのがセオリーだが、ここ若狭は未明に渡礁する。一番船に乗ろうと思うならば4時には船着きに居ないとダメだ。釣場によっては3時過ぎに出るところもある。ということでその日も真っ暗なうちから、渡船に乗り込んだが、さすがに真夏は少ない。真夏に磯釣りをするような連中はたいてい頭が少しおかしい連中だが、この日は私を含め10名ちょっとが乗り込んだ。

若狭の夏は餌取が凄い〜マキエを杓に一杯撒くだけで「さっ!」と海の色が変わる。特に人気のある磯は餌取りが居着いているから、人影を見ただけで「ざわ〜」と小魚の群れが浮かび上がってくる。当然〜朝マズメが勝負になる。日が昇ってからは、まずダメだ。オセン・フグ・ベラ・こっぱグレ・小サバなどを、一日中養殖する羽目になる。未明から朝マズメにかけての短いゴールデンタイムが勝負だ。前回来たときに、京都のクラブの連中から50cmを取ったという情報を得ていたので、時期は悪いが出会い頭の交通事故に期待をかけてみる。

馬立島でチヌ狙いの釣り人を下ろし、毛島を回ると、大グリ小グリになる。大グリには一番船から、私を含め二人降りた。その釣り人はマダイ狙いらしい、毛島方面に釣り座を取った。私はグレ狙いだから、小グリとの水道筋に釣り座を取る。小グリにも人が降りるのが船のライトに照らされて見える。渡船が去ると、後は潮騒の響きだけで、静粛に包まれる。ライトで手元を見ながら仕掛を作る。未明のうちは夜釣りタックルだ。

そうこうするうちに、小グリから物音が聞こえてきた。
「カ〜ン!カ〜ン!」
「おや?」と思って耳を澄ませると、どうやらピトンを打ち込む音らしい。「ほう〜珍しい。底物かいな〜」
上物は冬場が本番だが、底物は水温の高い時期がいいのだ。小グリは若狭では数少ない底物のポイントでもある。墨を流したような暗闇だから、姿は全く見えない。ただ釣り人の熱い想いが伝わってくる。仕掛け作りのひとときは夢を共有する時間だ。

さて名礁大グリで一投目を投入、釣りを始めた。餌は使い慣れたオキアミでまず様子を見る。ここら一体は沖だから、水深8〜15ヒロとたっぷりあるのだが、水道筋は水深が浅い。度々根かかりする。もっとも浅瀬でシモリが多い方がグレにはよいのだが、あわよくば大マダイという助平心もあるので、少し釣り座を水道筋から移動して深みを流す。しかし釣りの神様は、非情にも神戸から懲りずに通ってくる信者には甘くなかった。「まっ、今頃簡単に釣れるほどあまないわな〜」

やがて日が昇ってきた。一番海が美しい時間だ。いよいよ朝マズメ本番である。仕掛を作り直し、完全フカセでウキ下を浅くする。釣り座も水道筋へ戻す。そこでふと、小グリを見ると!
「なんじゃい!ありゃぁ〜〜〜」

なんと磯の上に花のようなビーチパラソルが開いているのである。くだんの釣り人は確かに底物釣り師らしい〜足元には石鯛竿が置き竿でセッティングされているのだから。しかし本人はビーチパラソルの下で、デッキチェアに寝そべっているのだ。色々けったいな釣り人を見てきたが、磯釣り師でこんな優雅な人物は始めてお目に掛かった。麦わら帽・サンダル・半パンツ・サングラスと完全リゾートスタイルである。いっぱしの底物師なら、時代遅れの磯足袋に、頭にはタオルを巻いて、片膝立てて沖を睨む〜そのうちアタリが出ないので、10時前には飽きて寝転がる!というのが定番のスタイルだから、思わず絶句してしまった。

「カ〜ン!カ〜ン!」とピトンを打ち込む音が、ちと長いなぁと思っていたら、パラソルの支柱も打ち込んでいたのか。なんとなくこちらまで毒気が抜けて、戦闘意欲が低下してしまった。やがて陽が昇ってきてジリジリと磯を焼きだした。「熱い〜〜」もう釣りどころではない。くだんの釣り人を見るとでかいクーラーから、何やら取り出してチェアで寝そべりながら、ぐびぐびやっている。どうやら冷えたビールを手にしているようだ。一体何を考えているのやら〜底物師でも真夏に磯に上がるのは相当釣り狂いのはずだが〜いや、これも形を変えた釣りキチなのだろう。いまかいまかと穂先を凝視するのではなく、彼方の水平線にたなびく雲を眺める優雅な物狂いなのだ。

「くそ〜」案の定、餌取りが湧いてきた。それも超特大のオセン(スズメダイ)だ。刺身サイズのオセンなど始めて見たから、腹いせにキープする。グレなど影も形もない。マダイ釣り師はとっくにふてくされて寝ている。底物師も麦わら帽を阿弥陀にかぶって、パラソルの日陰で寝ているようだ。要はこの熱い沖磯の上で、太陽に焼かれながら頑張っているのは、自分だけのようである。

くだんの釣り人は優雅であった。「別に釣れなくてもいいのよ♪」専門的な釣りをする人間には珍しい。そのくせ一級ポイントに上がって、パラソルを拡げるという考え方、釣り哲学が面白い。この日の釣行以降、釣りに対する心構えが少し変わったような気がする。夏の暑さに泣き冬の寒さに泣く釣りもいいが、もう少し釣果だけにとらわれず、のんびりする釣り、釣れない時でも楽しく過ごせる釣りを考えようという気になったのである。釣りを楽しむだけでなく、釣りをする時間を楽しむとでもいったらいいのだろうか。もっとも、この頃から競技会によく出るようになったから、のんびりする釣りはもう少し後になってからになるが(笑)