笑魚のB級コラム

B級コラム

上から更新順

決戦!一本松の死闘

今年(14年)の9月初旬から五十肩で苦しんでいる。痛みがひどくなってきて、ワイシャツのボタンを留めるのも苦痛になってきた。始めは右肩だけだったのだが、最近は左肩も痛み始めて辛い。車も前進はいいのだが後退するときに、肩をひねるので激痛が走る。お陰でここ数年かかしたことのないハゼ釣りにも、とうとう行かずじまい。まぁ病気と云うよりは歳に伴う症状らしく、数ヶ月から1年ぐらいで突然直るらしい。とても釣りにも行けるような体ではないので、せめて釣りの思い出話でも書いてみることにした。珍しくリクエストもあったことだし…

家内の実家の父親が元気だった頃は、田舎帰りも兼ねてよく若狭に釣行した。一番釣りをしていた頃は年間120日以上、一月の糸代だけでも2万円近く使っていたから、相当釣り込んでいた。中でも若狭は年間40日以上、数年に渡って通った。常神だけは何故か縁がなくてとうとう行かなかったが、後は栗田湾から丹生まで大抵の釣り場は通った。その中でも心に残る釣り場は音海と舞鶴田井だ。音海は日本海では珍しい冬場でも竿が出せるところで、グレが濃い。田井という地名は宮津にもある。ここも波止釣りでは人気のポイント。舞鶴田井の漁港はアコウやマダイが出るので、隠れた穴場だったが、最近は情報化でぐんと人出が多くなったようだ。ちゃりこは、なんとここでカゴ釣りの大仕掛けに挑戦!立派な鉛筆カマスを釣ったという経緯がある(^m^)

音海も舞鶴田井もいい波止釣り場だが、本当の魅力はやはり磯場だ。どちらも素晴らしい景観と魚影を持つ。奇観音海断崖の勇壮さはぜひ見て欲しい。私の知る太平洋岸にあの風景はない、本当に心がときめく。舞鶴田井はうって変わって日本的な情景だ。田井の磯は湾内寄りの馬立島と沖磯の毛島に二分される。馬立は瀬戸内的な優しい風情がいい。チヌ釣り場らしい静かな佇まいだ。毛島は沖磯らしく迫力がある。日本海にしては素晴らしい潮が行くところで、風のある日はうねりも高く、荒磯の魅力も充分。毎年90cmクラスのノッコミのマダイが磯から釣れる超一級ポイントでもある。自分も隣の釣り人が釣った80オーバーのマダイを見て興奮!それからかなり通ったが…まぁ、結果は皆様のご想像通り(笑)

この舞鶴田井は沖磯だけでなく、地磯にもいいポイントがある。グレなら成生岬が有名だ。チヌ狙いでもベテランが好んで渡る磯がある。例えば港を出て少し右に回り込んだ岬の先端、一本松もその一つだ。崖の上に生えている一本松がその名の由来らしい。さて、若狭に通い始めた頃のこと、たいていは泊まりで行くのだが、釣行費を節約するために一日目は歩いて地磯、二日目は渡船で渡礁が習いだった。ある日、家で釣りガイドを読んでいたら、どうやら田井の一本松には山越えで行けるらしいと書いてある。「おぉ〜一級ポイントに歩いて行けるやんか!」早速その週は天気もよかったので、週末から若狭へ釣行。

その釣り雑誌には、港からの道順は記載されて居なかったが、何回か通った所なので、大体の検討はつく。現地に着き調べてみると、港から少し離れた村落の裏山に、それらしい山道があった。小さな駐車場にワゴンが止まっている。どうやら先客の釣り人らしい。「よしよし〜この道じゃな♪」ちゃりこに軽い荷物、自分は30kg近い荷物を担いで山越えに挑戦するが、きつい!えらいのなんの〜いまより体力はあったといえ、中年太りが始まった頃だから、膝はがくがく息はぜいぜい…。しばらくアップダウンの続く山道を歩いていくと、左手の藪を透かして微かに海が見え始めた。しかし降りられそうな道が見あたらない。仕方ないのでもう少し進むと、雑木林越しに景色が開けてきた。岬の先端近くに出てきたようだ。左手に獣道のような降り口が見つかった。どうやら目的地らしい。「よし!行くぞぉ」「はいはい〜」「はいは一回でええ!」「はいはい〜」

少し降りると藪が切れた。途端に拡がる海と空の青いパノラマ!「わぉ〜」苦労して山越えしてきた甲斐があった。目の前に馬立島、遙か沖に毛島が見える(※写真参照)。海はどこまで蒼く、足元には勇壮な岩場が拡がっていた。「ええとこやんか〜日本海の地磯とはおもえん!小浜湾とは違うなぁ♪」「はいはい」「・・・・・・・」

しかしすぐに問題が発生した。崖を伝って釣り場に降りなければ行けないのだが、急傾斜なのである。推定60度くらいか?上から見ると絶壁である。しかも崖がツルツルで足がかりが全くない。「うぅ〜降りれるかいな?」 傾斜面をよく見ると、スパイクで引っ掻いた跡がかなりある。ということは磯釣り師がよく来ていると云うことだ。人が降りられるのならば自分も行けるはず。そろりそろりと足を踏み出してみたが・・・・・・

「ひぇ〜〜!」 やはり推測通り足が滑る。急傾斜なので尻餅をついた姿のまま、ずるずると滑り落ちる。問題はその先だ。海まで一直線なのだ。止まるところがない。「おぉ〜のぉ〜!」 ちゃりこも滑るようだが、荷物が少ないのでまだマシだ。こっちは重たい荷物で手が自由にならないから、どうにもならない。何とか体全体でブレーキを掛けながら降りていくが、ちょっと油断をすると海へ落ちそうだ。下の様子も分かってきた。崖の縁から海へは一直線数m以上の断崖になっている。おまけにうねりが当たって浪飛沫が上がっている。「落ちたらお陀仏やな・・・・カッコ悪い死に方や・・・・」

結局なんとか崖の縁までたどり着き、無事釣りを始めることができた。釣り座も急傾斜だから、まるでアイガー北壁でビバーグしている登山隊のようなものである。素人でしかも安全装置がないだけ、同じ命がけでもこちらの方が値打ちがある。釣り始めると崖縁だけあって、足元から水深がある。潮当りがよくてまるで地磯らしくない。景色は勇壮だ。「あぁ、苦労してきた甲斐があったなぁ〜〜」 しばらくして右手の崖縁に、釣り人の小さな姿が見えた。駐車場で見かけた車の持ち主らしい。「あのおっちゃんも苦労して降りたんやろな〜」「・・・・・」「すまん・・・・」

しかし二人の高まる期待とは裏腹に、時間はどんどん過ぎ去っていった。「釣れん?釣れん?まるで釣れん!」 こっぱグレに磯ベラ二人併せて数匹・・・なんじゃぁ、ここは〜人舐め腐って!200kmの道のりを走破、涙の山越え、恐怖のダウンヒルと苦労しただけに、期待が裏切られ心が傷つく。うぅぅ・・・・

「かえろか・・・」「・・・・」「また山道や・・・」「・・・・」 見上げると崖が二人の頭上に迫っている。ここを登るのか〜帰りは荷物が少ないだけマシか。しかし災難はやって来た。滑る崖を上がりきり何とか藪に入ったところで、枯れ葉で足を滑らせ、愛用の波止兼用SIMANOメバル名人を崖から転落死させたのである。「お〜まいがぁ〜、踏んだり蹴ったりじゃ!こんなとこには二度とこん、見た目だけの見かけ倒しじゃ!」

やがて精も根も使い果て駐車場へ戻り、二人して帰る片づけをしていると、やはり先客の釣り人が、汗をかきつつ荷物を抱えて帰ってきた。様子から判断すると、あまりよくなかったらしい。まぁ挨拶でも、と思って声を掛けてみた。

「どうでしたか?」
くだんの釣り人は、ぐっとこちらをにらむと・・・
「ここは見かけ倒しじゃ!」
「ぶっ!」

以来二人の間では、この磯は「見かけ倒しの磯」と呼ばれることになった。この話には後日談がある。再度リベンジを果たすべく、今度は渡船で一本松に乗り込んだのだ。しかしエサ取りの壁を突破できず、またも返り討ちに遭ってしまった。ということで、悔しさのあまり、しばらく田井の磯に通うことに…そしてある夏の暑い日、大事件に遭遇するのである。この顛末は次回に…

※写真は当時お世話になった山田渡船さんから借用