笑魚のB級コラム

B級コラム

上から更新順

和竿がゆく

前回、最近では珍しい風流人T氏のことを取り上げた。そのT氏が頼んでいたという特注和竿が完成し届けられたという報告があったので、無理を言って写真を撮ってもらい、道場へ送ってもらった。最近では、もう周りで眼にすることのなくなった和竿を、今回はご紹介してみたい。

工業化社会の対極にあるものだが…

和竿と書いて「わさお」あるいは「わざお」と読む。天然竹を素材に、専門職である竿職人が作り上げ伝統の塗りをかけたものである。裏山の竹を切って素人が作ったのべ竿などは、単なる竹竿であって和竿とは呼ばない。素材は天然、おまけに効率の悪い職人の手作りだから、流通販路にのるすべもなく、年々姿を消し、いまや和竿を使うのは本当の風流人だけになってしまった。もともと伝統的なヘラ釣りでは、いまだに愛用者が多いようだが、海釣りでは小生の知る限り、船のキス・ハゲ釣り、関東のヘチ釣り、石鯛釣りに、一部マニアがいるぐらいではなかろうか。かくいう小生も和竿などは触れたこともなく、子供時分はともかく大人になってからは、管理釣り場で山から切り出したような原始的なのべ竿を借りて、遊んだぐらいしか記憶がない。

底物師の和竿マニアにいわせると、アタリの表現力に優れ、胴に乗ってくるから大型の魚相手ほどバラシが少ないという。最新の高反撥ロートルクのハイカーボンと比較すれば、そりゃそうだと思う。アタリの表現力は、筏竿の穂先にいまだにグラスが使われていることから分かるように、びんと反撥せずじわりと素直に追従する弱さが必要だ。胴に乗ってくるということは、いわゆる本調子から胴調子を指している。充分に食い込ませ手元寄りの反撥力で勝負しようということだ。

ちょっと話題が変わるが、昨今の竿では極端な先調子が多くなったのはなぜだろう。私見だが、やはりラインが昔とは比較にならないぐらい凄く強くなったということに、尽きるのではないか。竿を振り回せばすぐに分かることだが、先調子ほど軽快で操作性はよいものだ。ピンポイントを攻めなければ、釣果にありつかない現代では必然だろう。チヌ釣りでもっともよく使われるハリスの号数は、1.5号前後だと思われるが、昔の糸の倍以上強くなっていると思う。こんな強さの糸を使うのが前提なら、特に調子にこだわる必要もないだろう。僕が釣りを始めた頃、ベテランが1号ハリスを使うならチヌ調子といっていたが、当時の糸は弱かったので、軟調の竿でなければ糸の弱さをカバーできなかったのだ。

熱狂的な信者はともかく、合理的な和竿マニアは物の見方がやはり冷静だ。和竿を駆使するある高名な釣り師も「進化し続ける現代の釣り竿に、総合的な性能で勝てるものではない」とはっきり云い切っている。しかし釣りはなにより、釣り師の嗜好性が出てくる遊びだ。ベテランほど、自分の釣りスタイル、感性にこだわるから、和竿にしかない味を求めるマニアがいても不思議ではない。使ったことのない小生も、手作り独特のあの風合い、世界に1本だけという希少性に、秘かな憧れを持たないわけではない。なにより道楽とは、そろばん勘定や合理性を超えたものなのだから。

T師の道楽和竿

さて道楽を始めたT氏の和竿を紹介してみよう。制作は知る人ぞ知る和竿師鈴木秋水である。日本銀行に勤めながらも、30歳代に和竿の魅力に捉えられ、江戸和竿師初代寿作に師事、その後各地の和竿師をまわり技法を習得、やがて開業に至ったという毛色の変わった経歴の持ち主である。職人の世界で丁稚から始めたキャリアでないだけに、偉大なるアマチュア精神の持ち主だろう。こういう人ほど、素人の無茶な注文に応えてくれる遊び心があるものだ。当道場の読者なら耳タコかもしれないT氏の「ヘチ竿で大スズキを細ハリスで釣りたい!極軟にしてくれぇ〜」という訳の分からない注文にも、諭すようなそぶりを見せず、快くなかば面白がって快諾してくれたという。

さて、待つこと3月…上の写真がT氏の愛竿「蜻蛉切」の全貌だ。蜻蛉切とは識者ならご存じかも知れないが、徳川家康の旗本本多平八(忠勝)が合戦で愛用した槍の名である。豪傑だった本多平八が、戯れに宙を飛ぶ蜻蛉を切って見せたところから、この名が付いたという名物だ。使い手の腕前はさておき、こういった遊び心で名前を付けたりできるのも、伝統の和竿ならではだ。マスプロの大量生産品ではこうはいかない。

秋水別作ヘチ竿「蜻蛉切」仕様
長さ12尺(3.6m)。4本並継ぎ3尺(90cm)仕舞。本漆梨地仕上。
ガイド/手元2個・元上 4個・2番5個・1番18個
材/手元根堀破竹・手元上矢竹・2番矢竹・穂元高野竹・穂先下高野竹・穂先グラスF

握りのリール下には小さく作者秋水の号が刻まれている。螺鈿や蒔絵細工など装飾に凝った和竿もよく見受けるが、この竿は実釣仕様だから、そっけないほどシンプルだ。何層にも塗られた漆は梨地仕上げだから一見地味だが、使い込むほど飴色のいい風合いに変化するだろう。穂先はグラスファイバーだ。微妙なアタリをとるのは穂先だから、本当はここは感度に優れるクジラのヒゲがいいのだが、なにぶん折れると云えばその殆どが穂先なのだから、仕方がないだろう。もちろん竿師は全部自然素材でいきたかったらしいが、夜釣り釣行の多い(トラブルも多い)T氏苦渋の選択だ。

材を見ると、手元上に矢竹を持ってきていることがわかる。和竿には節の詰まった強靱な孟宗竹を使うのだが、ここに柔らかい矢竹を持ってきているのが工夫らしい。ここを柔らかくすることで調子をぐっと手元に寄せているのだ。極端な軟調子のリクエストに材料の選択で応えている。この竿で特筆すべきはガイドの多さだ。天然素材の不均一さをカバーし、バランスのよい曲がりを実現させようと云う竿師の工夫だろう。

凝った作りのヘラ竿や総巻きの石鯛竿と比較するとシンプルだが、込み口周りには金粉の蒔絵細工を施しているのが趣味の竿らしい。さて肝心の調子はというと、T氏が写真で送ってくれたもの(ここには掲載していないが)から判断すると、軽い負荷では64調子、いわゆる本調子から手元寄り。ぐっと負荷が乗ってくると、55調子という極端な手元調子に変化する竿だろう。T氏の思惑通りの竿である。この竿の本領はやはり1号以下の細ハリスでのやりとりに尽きる。察するに使いこなしは、あまり竿を立ててため過ぎない方がいい。ハエ竿みたいなものだから、下手をすると折れるはず。魚の強引をいなせる竿さばきの上手いベテランが使ってこそ、極端な調子を楽しめる竿だ。

◆ ◆ ◆

和竿のことなど一切わからぬ小生が写真だけで記事を書きましたので、的はずれなことも多々あるかと思います。そのことを秋水氏にお詫びしつつ、今後も伝統工芸の継承に励まれることをお祈り申し上げます。