ビギナー入門講座

ビギナー講座

釣りを始める前に

ちょっと賢いトラブル対策

釣り場では「あっ、しまった!」という奇声を発してしまうことがよくあります。そんな時ちょっとした技で助かるもの、とっておきのTipsを披露しましょう。

しまった!糸を竿のガイドに通し忘れた…

長い竿だといやになりますね。

仕掛けを切って作り直すのは大変ですが、ガイドには必ず糸を通しておかないと破損の原因にもなります。簡単に通し直せる方法があります。

まず通し忘れたガイドの所で糸を切ります。
今度は間違いなく糸を通しましょう(^^;)
通したら、切った糸同志を結んでください。
仕掛けの方(鈎の付いた方)を引っ張って、接続部分が手元までくるようにします。

接続部分を切り、サルカンに付いた側の糸を捨てます。本線(リール側の糸)をサルカンに結び直してお終い。

★この技は、仕掛けをそのまま変えずに道糸やリールの交換をするときに役立ちますので、上級者も覚えておきたい技です。

ひぇ〜!鈎が服に引っ掛かった…

よくありますね(^^;) 鈎はよくできていて一回掛かると簡単に外れてくれる代物ではありません。無理矢理外そうとすると大事な服に間違いなく裂け目ができます。こんなときペンチさえあれば簡単にはずせます。
鈎先を生地の表側に出るようぐるりと回してから、ペンチで鈎先を掴み、パチンとしっかりカエシ(カギ状になった部分)をつぶします。これで引っ掛かるものがなくなります。
鈎をそろりと生地から引き抜いたらお終い。そのまま釣り続けることもできますが、つぶし方がまずく切っ先の鋭さがなくなっているようでしたら、鈎を交換してください。

オ〜マイガ〜!アラカルト

穂先が絡んだ!
外ガイド式の竿の宿命です。竿が海面に届くようでしたら、穂先を海中に突っ込んでください。ゆっくり二三回上下に振ってから、真っ直ぐ引き抜くように竿を海中から出してください。まず、たいていはこれで外れます。
ケミホタルがつけられない!
夜釣りの投げ釣りや探り釣りでは、ケミホタル(発光体)を穂先に付けて使います。取付には専用のホルダーやセロテープを使いますが、うっかり落としたり風に飛ばされたりすることがあります。こんな時はバンドエイドをハサミで細く切って使うと充分テープ代わりになります。ちょっとした怪我にも必要ですので、持っていると助かります。
ウキ止め糸を忘れた!
簡単です。道糸かハリスを20センチばかり切って電車結びで結び、余り糸を切ればお終いです。性能的にも既製品に引けは取りませんし、お金もかからない賢いウキ止めです。ずれるのが心配なら二つ付けてください。
おまつりばっか〜!
糸が絡んでタマ状になるとなかなかほどけてくれません。オマツリホドキを使いましょう。絡んだ結び目に金具の先を差し込んで使います。ほどいた後は糸をしごいてクセをよく取ってください。写真はSIMANO製。絡んだ糸の結び目に尖った先を差し込み絡みをほぐす。糸切り兼用の優れもので笑魚も愛用中。 ぐちゃぐちゃの場合はあっさり諦めよう(^^;)
素早い鈎の外し方
鈎の先はカエシといって、いったん食い込むと簡単に外れません。ですから初心者には外しにくいのです。どうやっても魚の口から鈎が外れないときは、ペンチで軽く鈎先のカエシだけをツブしてください。簡単に鈎が魚から外れるようになります。そのまま釣り続けても支障はありませんし、鈎がすいすい外れるはずです。ただし力を入れすぎて、鈎先を完全につぶさないよう気をつけること。
魚の賢いつかみ方
魚はこわごわ持つと滑って取り落とします。トゲに注意しながら、ぐっと指先に力を入れて持つのがコツです。 中小型の魚が入れ食いになると、タオルでいちいち掴んでいては、手返しが遅くなり時合いを逃します。魚の鰭は必ず尾びれ側へ湾曲して付いていますから、魚を掴むときは左右から指で持つような持ち方ではなく、頭側から手の平を沿わせるように(鰭をたたませるように)掴むのです。青物やグレのように鰭が鋭くない魚でしたら、このつかみ方で30cmクラスの魚を鷲掴みに出来ますよ。トゲの鋭いチヌやカサゴはダメよ(^^;)

賢い臭い取りTIPS集

長崎のKAWANOさんのアイデア
最近は釣るだけでなく、釣った魚を自分で捌く様になりました。少し上達しましたが、まだまだです(^^; 魚を捌く様になって、手が臭くなりました。石鹸や洗剤で洗ってもニオイは残ります。先日、波止で膝を擦り剥き、ケガしたところにマキロンを塗っている時、手のニオイが無くなっている事に気が付きました。試しに魚を捌いた後、手にマキロンをタップリ塗るとニオイが消えました。薬臭いのがニガテな人は不向きかもしれませんが、本当にニオイが取れます。是非試してみて下さい。(^^)v
大阪のTAGOMORIさんのアイデア
臭い取りについていつも私がやってることあります。それは!!レモン汁。レモンにはにおいの元になる成分を、分解する効果があるそうです。魚をさばいた後に使ってもいいですし、釣りから帰る前にボトル入りのレモン汁で手をこすると、あの香しいアミエビのかほり(笑)も、だいぶましになります。車の中(特にハンドル)に臭いも移らなくっていいですよ〜
ひろし君のアイデア
臭いとりの方法をお教えします。あまりかわりがないんですけど、クーラーとかの場合は熱湯を入れてしばらくしたら、熱湯を捨てます。そのあとに輪切りにしたレモンでこすって、つぎにちゃばらをパラパラとまくそうです。つりnetっていうホームページにのってました。
tomoくんのアイデア
お茶で洗うと、臭いがほとんど消えますよ。ウーロン茶でも緑茶でも取れるけど、緑茶の方がいいような気がします。
笑魚のアイデア…というかなんというか
昔ほやほやの新車がこの臭いに汚染されてからは、少し考えるようになりました。私の場合はハイテクや古人の知恵を無視し、ひたすら体力勝負で洗う。クーラーは水洗いしてから必ず天日干し。臭いバッカンはたっぷりのお湯と洗剤で洗い、これも天日干し。さて手の臭いは…そんなもん、気にしますかいなハハハ〜